快適車中泊ができる「清流の里ひじかわ」。新鮮食材がそろいキャンプ飯も充実|愛媛県

キャンプブームとともに、注目を浴びている車中泊キャンプ。愛車で寛げる安心感と気楽さから、キャンピングカーを持つ男性や旅好きの男性に楽しまれています。

そこで、今回紹介するのがRVパーク(※)を併設している愛媛県大洲市の道の駅「清流の里ひじかわ」。野菜直売所や物産販売所の他にコンビニ・美容室・JA・レストラン・スーパー・コインランドリー・テイクアウト専門店が揃う複合的な道の駅です。
※RVパーク:日本RV協会が”快適に安心して車中泊ができる場所”を提供するために定めた車中泊施設
参考:RVパーク|一般社団法人日本RV協会

コインランドリーや24時間利用可能なトイレがあり、利便性の高い中でRVパークでの車中泊が楽しめます。

今回は販売員の和氣さんに話を伺い、「清流の里ひじかわ」のRVパークならではの魅力と立ち寄りたい観光スポットをまとめました。肱川が流れる豊かな谷間で、地元グルメを堪能しながらゆったりと過ごしましょう。

食も設備も行き届いたRVパーク認定の「清流の里ひじかわ」

愛媛県にある道の駅清流の里ひじかわ内にあるRVパーク

▲第二駐車場の一角をRVパークとして提供。1スペースは2台分の広さが確保されている

清流の里ひじかわのRVパークは、さまざまな施設が揃っている点が魅力です。

RVパークに認定されるためには、24時間利用可能なトイレの設置や100V20A以上の電源の確保など、8つの条件が定められています。清流の里ひじかわには、RVパークに必要な設備に加え、コンビニやコインランドリーなど車中泊に便利な施設が併設されています。レストランもあり、調理設備がない車で利用しても不便がありません。

ここでは、充実した設備が揃う清流の里ひじかわならではのRVパークの楽しみ方を紹介します。

キャンプ飯を作るなら直売所・物産所で調達を。人気の『肱川ラーメン』もあり

愛媛県道の駅清流の里ひじかわ内にある野菜直売所

▲旬の地産食材が並ぶ野菜直売所。車中泊の料理に使って肱川の味覚を堪能しよう

本格的に車中泊を楽しみたい男性は、キャンプ飯にもこだわるはず。構内には野菜直売所があり、産地直送の新鮮な食材が手に入ります。

地産野菜の中で一番人気はトマトです。10月から7月までは水耕栽培トマトが、それ以外は露地栽培のトマトが並び、一年中購入することができます。8:00の開店前に市外から訪れる方も多く、朝並べて昼には完売することもあるのだとか。車中泊での食事やお土産に購入してみてはいかがでしょうか。

その他、地場スーパー「鹿野川主婦の店」には肉や野菜が売っているため、夕飯を車内で調理する際の食材調達にも困りません。その他に日用品や手作り総菜なども販売されています。

ご当地グルメを味わいたい男性は、物産販売所を活用しましょう。乾麺やご飯の素など、キャンプ飯の調理に使える特産品も揃っています。常にランキング上位の売れ筋を誇るのが『肱川ラーメン』(440〜490円)です。

愛媛県大洲市の名物グルメ肱川ラーメン

▲肱川の名物グルメの一つ「肱川ラーメン」の味は全部で6種類

細麺とあっさりとしたスープが特徴で、とんこつ風・しお味・しょうゆ味・みそ味・カレー味と味のバリエーションが豊富です。テレビや雑誌で紹介されたこともあり、市外からわざわざ買いに来る方も珍しくありません。

夏季限定で『肱川れいめん』(440円)も販売。醤油ベースにレモン果汁が入ったスープで、暑い時期もさっぱり食べられます。

愛媛県大洲市の名物グルメ肱川れいめん

▲夏は『肱川れいめん』を含めた5種類がラインナップ

大洲市名産の天魚(あまご)を使用した炊き込みご飯の素『あまごめしの素』も、人気上位の商品です。職人が一匹ずつ炭火で炙り、加熱処理を加えて骨まで軟らかく仕上げた天魚が丸々一匹入っています。天魚は河辺町で養殖しており、川魚特有の匂いや癖もありません。

愛媛県大洲市の特産品の一つあまごめしの素

▲炊き込みご飯の素『あまごめしの素』(1,450円)は、甘魚を丸々一匹使った贅沢な味わい

炊飯器にお米をセットしたあと付属の出汁を混ぜ、天魚をのせるだけの簡単調理です。頭から尻尾まで食べられるため、骨も気にせずご飯に絡めて味わうことができます。

売店の方に地元民ならではのおいしい食べ方を聞いてみるのも良いかもしれませんね。

飲食店で食事を楽しみたい男性は「呑み食べ処味人」で気軽にご当地名物に舌鼓

愛媛県道の駅清流の里ひじかわにある食事処伊味人

▲歌麿大判焼きの他、たこ焼きやソフトクリームも販売。食堂ではゆずつけ麺もおすすめ

道の駅構内には食事処とテイクアウト専門店もあり、調理をしなくても食事を楽しむこともできます。普通車で車中泊をしたい男性も夕飯に困りませんね。

レストラン「呑み食べ処味人」では、和食から軽食、テイクアウトグルメまで幅広く提供しています。定番の『肱川ラーメン』をはじめ、ボリューム満点の定食やキッズプレートなど、メニューは100種類にも及びます。

お話を伺った販売員の和氣さんの一押しは『ゆず塩つけ麺』。地元産のゆずの酸味がアクセントとなった爽やかな味わいが魅力で、自家製チャーシューはボリュームがあり、食べ応えも十分とのことです。

愛媛県の清流の里ひじかわで働く和氣寛樹さん

▲「清流の里ひじかわはご当地グルメががたくさん揃っています」と話す和氣さん

テイクアウトグルメの人気は『歌麿大判焼き』です。大洲市は喜多川歌麿の版木が発見された地で、版画をイメージした焼印入りの大判焼きがご当地名物として親しまれています。

車中泊で調理をしない男性は、夕飯にテイクアウトやレストランを利用してみてはいかがでしょうか。

お酒好きな男性は車内で音楽を聴きながら、地酒『風の里』で晩酌はいかが?

愛媛県大洲市にある養老酒造の日本酒風の里

▲大洲市の酒蔵・養老酒造の日本酒『風の里』。純米吟醸酒(左)・特別純米にごり酒(右)

お酒が好きな男性は、車内で好きな音楽や動画を流しながらしっぽり晩酌するのも良いでしょう。「清流の里ひじかわ」では、大洲市の老舗酒蔵「養老酒造」の日本酒を多数扱っています。

養老酒造の代名詞と言えば『風の里』。肱川の豊かな風土が育んだ清酒は、きりっとした酸味と滑らかな味わいが特徴です。純米吟醸酒はやわらかな口当たりで、和食はもちろん、カルパッチョやアクアパッツァなどの洋食にもよく合います。

『叶川(かのがわ)』も試してほしい清酒の一つ。ネーミングには酒蔵がある鹿野川と”飲む人の願いが叶いますように”という願いが掛けられています。

養老酒造の4代目が手掛けたアルコール度数低めの日本酒で、桃のような華やかな香りをまとった優しい飲み口が好評です。氷で冷やしてもおいしくいただけます。お酒好きな彼女へのお土産にも喜ばれるでしょう。

その他ビールやワイン、焼酎、おつまみなどは隣のコンビニ&リカーショップ「いまおか」で販売しています。

お酒が足りなくなったらすぐに買いに行ける距離感が便利ですね。

清流の里ひじかわ周辺の魅力的なスポットを紹介

清流の里ひじかわ周辺には、魅力的な観光スポットもたくさんあります。ここでは、気軽に立ち寄れる観光スポットと、長期休暇の旅行にピッタリなスタンプラリーを紹介します。

車で約1分の温泉「鹿野川荘」。鹿野川湖の美しい景観が男の疲れを癒す

鹿野川荘の外観写真

入浴施設が車で15分圏内にあることも、「RVパーク」の認定条件の一つ。清流の里ひじかわから約1kmの場所には、鹿野川湖を望む「鹿野川荘」があります。

鹿野川湖はボート競技や釣りの穴場として、地元の方たちに親しまれている湖畔です。3月下旬頃には約3,000本の桜が咲き誇り春の訪れを知らせます。野鳥も多く、冬になると飛来する約3,000羽のオシドリを観察することも可能です。鹿野川荘ではそんな風情豊かな鹿野川湖を眺めながら、ゆっくりとお風呂に浸かれます。

鹿野川荘の温泉

大浴場・露天風呂の他にサウナ・打たせ湯の4つのお風呂があり、泉質は湯あたりが滑らかなpH10のアルカリ泉。地元の方からは普段の疲れを癒してくれる湯として評判です。

温泉施設が近くにあることで常に清潔な状態でいられるので、連泊もしやすくなりますね。汗とともに運転の疲労と仕事のストレスを流しましょう。

歴史好きな男性にもおすすめ。大洲城周辺でノスタルジックな街歩き

道の駅から市内中心部までは車で約30分です。市内中心部には名所が点在しているので、車中泊の翌日に観光してみるのも良いでしょう。

中でも市のシンボルである大洲城は外せません。全国に5つしかない木造復元天守に数えられ、2020年にはユネスコ無形文化遺産に登録されました。当時解体を免れた台所櫓、高欄櫓、三の丸南隅櫓、苧綿櫓(おわたやぐら)の4櫓は、国の重要文化財に指定されています。

また、大洲城の城下町は1966年のNHKのテレビドラマ「おはなはん」のロケ地に選ばれ、「おはなはん通り」として新名所となりました。白壁土蔵や日本伝統の壁塗り”なまこ壁”の家屋が建ち並び、古き良き日本の面影を感じられます。

一段高く作られた土蔵など、河川が集まる大洲盆地ならではの特色を知るのも観光の醍醐味です。文化に触れながら、タイムスリップした感覚を味わいましょう。

長期休暇はスタンプラリー「奥伊予・四万十街道」でグルメとアクティビティを満喫

愛媛県と高知県の8つの道の駅で開催されているスタンプラリー

▲毎年開催される「奥伊予・四万十街道」グルメスタンプラリー。2024年のテーマはスイーツ

大型連休を利用して訪れるなら、道の駅を巡るグルメスタンプラリー「奥伊予・四万十街道」にトライしてみましょう。愛媛県南予と高知県西土佐を含む8つの道の駅が連携した企画で、毎年テーマを変えて1年間開催しています。

2024年のテーマは”冷たいスイーツ”。特産品を活かしたソフトクリームやパフェなどを各駅で販売しています。清流の里ひじかわからは、「伊集園」のいちごのソフトクリーム『あまおうけずり』が対象スイーツに選ばれました。スライスした冷凍のあまおうといちごソース、練乳をバニラソフトにかけた甘く爽やかな一品です。

愛媛県の清流の里ひじかわにあるテイクアウトの店伊集園

▲『あまおうけずり』を販売している伊集園。スイーツの他にじゃこ天などの総菜も販売している

スタンプラリーは、対象スイーツを食べて集める「食べぶらコース」・特産品を買って集める「買いぶらコース」・駅に立ち寄る「タダぶらコース」の3つのコースに分けられます。いずれかのコースをコンプリートすると、抽選で各道の駅の特産品がもらえます。

一度に回るには最低でも2日は必要なため、夏休みなどの長期休暇を利用すれば余裕を持って楽しめるでしょう。例えば、大洲市から車で約2時間の「よって西土佐」付近には、四万十川でカヌーとオートキャンプが体験できる「カヌー館」があります。グルメに舌鼓を打ちながら、アクティビティも一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

清流の里ひじかわの利用者の口コミ・感想

直売所やお土産ブースの他、コンビニ、食品スーパーまでそろっている道の駅です。小さなショッピングモールのように品ぞろえ豊富なため、RVパークの宿泊の買い出しに重宝しました。

トマトのおいしさに感動!購入時は5個入り200円前後とリーズナブルで大満足でした。他にもテイクアウト用のひじかわラーメンや地産食材を購入して、車中泊の調理に利用しましたよ。

6月に訪れた際にアジサイが見ごろを迎えていました。肱川を一望できるベンチや遊歩道など、肱川の自然を満喫できるスポットもあって自然を感じられます。

口コミの多くが品ぞろえの良さに触れていました。また、RVパークの宿泊者は気軽に買い出しに行ける点にメリットを感じているようです。開放的で川沿いには遊歩道も整備されているため、ツーリングスポットとしてバイク好きな男性も訪れています。

近隣には温泉があり、大洲城までもそう遠くはないため、観光スポットの一つとして立ち寄りたいですね。

清流の里ひじかわの施設一覧

清流の里ひじかわのRVパークの利用料は下記の通りです。

利用料 2,000円(1泊2日)
※電気・水道・ごみ処理代込み
チェックイン・
チェックアウト
【チェックイン】13:00〜17:00
【チェックアウト】〜11:00
予約 必要(前日の17:00まで)

また、清流の里ひじかわにある各施設の営業時間は以下の通りです。

営業時間 定休日
物産販売所 8:00〜18:00 1月1日
野菜販売所 8:00〜18:00 1月1日〜1月3日
鹿野川主婦の店 8:00〜19:00 無休
呑み食べ処 味人 9:00〜21:00 水曜・月1回不定休
Yショップいまおか 7:00〜20:00 第2・4火曜
コインランドリー 5:30〜23:00 無休
アトリエLapis 2 9:30〜18:00 月曜、第3日曜
JA愛媛たいき 肱川支所 8:30〜16:00(一部〜17:00) 土・日曜、祝日

※2024年6月時点。最新の情報や詳細は公式ページでご確認ください。

清流の里ひじかわの基本情報

施設名 大洲市「道の駅」清流の里ひじかわ
所在地 〒797-1503
愛媛県大洲市肱川町宇和川3030
問い合わせ・予約 0893-34-2700
公式ページ https://seiryuunosato-hijikawa.co.jp/

※2024年6月時点。最新の情報や詳細は公式ページでご確認ください。