ガレージにセカンドハウス。男性の憧れを叶えるジブンハウスの魅力

昨今、コロナ禍を経ておうち時間の大切さが改めて認識されるとともに、住宅需要が増しています。一生に一度の大切な買い物だからこそ、できるだけ憧れを詰め込んだ家づくりを行いたいですよね。そこで今回は、ジブンハウスの「HACO HACO(ハコハコ)」「weekend haus.(ウィークエンドハウス)」を紹介します。

ジブンハウスは20代から30代をターゲットとしたデザイン規格住宅(※)ブランド。その中でも「HACO HACO」は、男性で憧れる方も多いガレージのスペースを備えているのが特徴です。ガレージは用途自由の6畳のフリースペースとつながっており、ライフスタイルに応じて使い方を変化させられる“余白”があるのも魅力です。
※規格住宅…間取りや設備など、ハウスメーカーや工務店が予め用意する規格に沿って建てる住宅のこと。

「weekend haus.」はその名の通り週末住宅を意味する、コンパクトなサイズの小屋です。コンパクトながらキッチンや水回りの最低限の設備は備えており、セカンドハウスとして趣味を突き詰めた自由な空間づくりが可能です。

今回はジブンハウスのブランドコンセプトや、「HACO HACO」「weekend haus.」の魅力について、プロダクトデザイン部の島田さん、営業ソリューション部の松丘さんにお話を伺いました!

男性の「自分らしい暮らし」を叶えるジブンハウス

編集部

まずジブンハウス全体のコンセプトを教えてください。

島田さん

ジブンハウスは「ジブンらしさを表現できる家づくり」の実現を目指すデザイン規格住宅ブランドです。今回ご紹介する「HACO HACO」「weekend haus.」をはじめ、複数の商品を規格住宅として展開しています。

家というのはつくって終わりではなく、その後何十年もそこで暮らしを続けていく場所です。ジブンハウスでは、家をつくっている段階だけでなく、その後のライフスタイルや家族構成の変化にも寄り添えるような家づくりをしていくことを大切にしています。

編集部

ジブンハウスの規格住宅にはどのような特徴がありますか?

島田さん

規格住宅は間取りや設備などハウスメーカー等が用意した一定の「規格」に従って建てる住宅のため、1から設計する注文住宅よりも早く完成するというのが前提です。ジブンハウスの場合も、契約から完成までは1年もかかりません。早い方の場合だと半年程度で完成することもあります。

それに加えてジブンハウスでは、VR・AR等の最新テクノロジーの力を活用した家づくりができるのが特徴です。今回ご紹介する「HACO HACO」「weekend haus.」も含め、すべての商品をVRで紹介しているため、事前に暮らしやインテリアなどを具体的にイメージしていただけます!

男性憧れのガレージライフを「HACO HACO」で実現!

ジブンハウスの「HACO HACO」CGパース

編集部

「HACO HACO」はどのような商品なのでしょうか?

島田さん

「HACO HACO」は、簡単にいうとガレージハウス形態の住宅です。ガレージハウスの「箱」と暮らしの「箱」がセットになったという意味で「HACO HACO」という名前となっています。

HACO HACOは1階にガレージとフリースペースがあり、2階にLDKの生活スペースがあるという間取りです。この1階のガレージとフリースペースが、購入されるお客様それぞれの創造性が発揮される部分となっています。

ジブンハウス「HACO HACO」の外観CGパース▲「ガレージハウス」と「生活スペース」を合わせたスタイリッシュなつくりが特徴的な「HACO HACO」

編集部

男性は特に趣味に打ち込めるガレージに憧れを持っている方が多いイメージですが、やはり趣味を楽しむ空間としてガレージを利用する方が多いのでしょうか?

島田さん

はい。皆さんガレージとフリースペースの空間を利用して存分に趣味を楽しんでいただいています!施主様によって使用方法がまったく異なっており、自分らしい家づくりが実現しているなと感じますね。

それに加えてHACO HACOの魅力は、ライフスタイルに合わせてこのガレージとフリースペースの空間を変化させていけるという点にあります。特にこのフリースペースの部分が6畳あり、用途を設定していないために趣味や家族構成によって変幻自在なんです。お子様が生まれて、成長して、巣立っていってまた夫婦2人になるというように、人生の移り変わりの中で家での過ごし方も変わってきますよね。そういう変化に対応した使い方ができるのが、このHACO HACOの特徴です。

ジブンハウスのサイトではHACO HACOをVR内覧できるのですが、ライフステージを3つに分けて空間の使い方の変化を表現しているため、それを見ていただくと分かりやすいと思います。例えばステージ1ではお子様が小さいときの使い方として、ガレージに子どもの遊び場をつくっています。ステージ2ではお子様が成長して一緒にアウトドアや日曜大工を楽しめる空間に。そしてステージ3ではお子様が巣立った後の夫婦2人の空間として、少し落ち着いた空間を表現しています。

ジブンハウスの「HACO HACO」CGパース▲アウトドアやDIYを楽しんでいることが伝わるステージ2のVR

島田さん

実はVRではガレージにある車もライフステージに応じて変化させているんですよ。夫婦2人になった際には家族用の大きな車からお父さんの好きなコンパクトな車に変わって、趣味を楽しんでいるんだなということが伝わるような仕掛けをしています(笑)。

ジブンハウスの「HACO HACO」CGパース▲ステージ3ではコンパクトカーにチェンジ

編集部

細かいところまで360°VRで表現されているので、すごく具体的にイメージが湧きます!ガレージというと「男性の趣味空間」というイメージが強いですが、家族のための場所にも趣味空間にも柔軟に変化させられるというのはとても魅力的ですね。

車・バイクの機材置き場や音楽スタジオのようにガレージを活用!

編集部

実際にHACO HACOで暮らしを楽しんでいるお客様の事例を教えてください!

松丘さん

1つ目は、車とバイクが趣味のご主人が趣味空間のインナーガレージをつくった事例です。6畳のフリースペースを作業スペースとして作り込み、とことん趣味を楽しむ空間をつくり上げています。

ジブンハウスの「HACO HACO」の施工事例

ジブンハウスの「HACO HACO」の施工事例

スクロールで写真が見られます→

松丘さん

ガレージは家の外ともつながっているため、そこで車やバイクをいじっていると近所の方が話しかけてくれてコミュニケーションも生まれるそうです。ガレージが家の中と外をつなげる役割にもなっているといえます。

ジブンハウスの「HACO HACO」の施工事例

ジブンハウスの「HACO HACO」の施工事例

スクロールで写真が見られます→

松丘さん

2つ目が、趣味の音楽を楽しむ場所と仕事部屋を兼ねた形でフリースペースを使用している事例です。フリースペースは二重窓にするなど音が漏れにくい工夫が施されているので、楽器の演奏なども楽しめるんですよ!

ジブンハウスの「HACO HACO」の施工事例

松丘さん

コロナ禍を境に在宅ワークスペースを希望されるお客様も増えてきました。HACO HACOのフリースペースは2階のリビングなど生活空間からも離れているので、趣味や仕事に没頭しやすい空間づくりが可能です。

ジブンハウスの「HACO HACO」の施工事例

編集部

リビングや居室とも違うガレージとフリースペースという特別な空間を活かして、それぞれの楽しみ方が表現できるんですね。間取りや事例を見ているだけで、自分ならどうしよう?と想像が膨らみます。

都心で忙しく働く男性におすすめしたい「weekend haus.」

ジブンハウスの「weekend haus.」CGパース

編集部

続いて「weekend haus.」について伺います。こちらはどのようなコンセプトの住宅なのでしょうか?

島田さん

「weekend haus.」は「週末を自分らしくデザインしよう」をコンセプトにした商品で、住宅ではなく7.51坪というコンパクトサイズの小屋となっています。寝室と水回りのみというシンプルな間取りですが、大きなベッドを設置できるゆとりある空間に、シャワーやキッチンなどの設備環境も整っており、窮屈さを感じることなくゆったりと過ごすことができます。さらに大開口窓を設けていることで、外とのつながりも感じながら開放的に過ごせるのが魅力です。

ジブンハウス「weekend haus.」の内観CGパース▲開放感のあるこだわりの空間で日頃の疲れをリフレッシュできる「weekend haus.」

編集部

週末を過ごすということは、セカンドハウスとしての使用を前提としているのでしょうか。

松丘さん

そうですね。メインターゲットは都心でマンションを購入している方や、地方で広い土地に一戸建てを建てて住んでいる方で、郊外のセカンドハウスで週末は趣味をとことん楽しむ、という二拠点生活を想定した商品です。

ただしその他にも、お客様からは同じ敷地内に「離れ」として建てたいというお問い合わせをいただくこともあります。50代から60代の方で、趣味を楽しむ場所として建てたいという方もいますね。コンパクトでシンプルな間取りだからこそ、「HACO HACO」と同じく暮らす人によって使い方を変えられる自由度の高い空間となっています。

編集部

「weekend haus.」のおすすめの活用方法を教えてください!

松丘さん

例えばメイン住宅から離れた自然豊かな場所に建てて、週末はそこで家族一緒に非日常を楽しむというのもおすすめです。普段は都心で暮らすお子様も、自然の中でのびのびと過ごせる週末になると思います。「weekend haus.」は自分の家として好きなように空間をつくり込めるため、旅行に行くのとはまた違い、第2の我が家として気兼ねなくくつろげるのもポイントです。

また同じ敷地内に「weekend haus.」を建てる場合、離れとしても活用できますし、母屋と合わせて二世帯住宅として暮らすことも可能です。同居とはまた違う程よい距離感で生活を共にできるという新しい形の二世帯住宅になるのではないでしょうか。

ジブンハウスの「weekend haus.」CGパース▲「weekend haus.」では子どもが外遊びする様子を見守りながら森林浴もできる

ジブンハウスからのメッセージ

編集部

最後に、ジブンハウスの住宅に興味を持った男性読者に向けてメッセージをお願いします。

松丘さん

ジブンハウスの規格住宅は、自分らしい暮らしを実現できる商品です。趣味や家族で楽しむ時間など、それぞれが大切にする自分らしさを叶えてもらえたらと思います。

ジブンハウスではスマートフォンで気軽にVR内覧をしていただけます。間取りだけでなくインテリアも含めて具体的な暮らしをイメージしていただけますし、金額もわかりやすくなっていますので、ぜひ一度サイトをご覧いただき、暮らしのイメージを膨らませながら楽しんでいただけたらと思います。

編集部

島田さん、松丘さん、本日はお忙しい中ありがとうございました!

商品の価格は「スマートカスタム」でチェック可能

HACOHACO 本体工事価格(税込):19,910,000円(標準仕様)
weekend haus. 本体工事価格(税込):7,480,000円(標準仕様)

※提案工事・設計料・申請料、付帯工事・外構・各種諸費用は含まない。

ジブンハウスの「スマートカスタム」では、公式サイト上でプランやオプションを選んで見積もりを作成できます。オプションを選んでいくとその都度加算料金が見積もりに反映され、月々返済額まで見える化されるので金額感をリアルタイムに把握できるのもポイント。さらに選択した商品の間取りやVRも表示されるため、まるで実際のモデルルームに来たように家づくりをイメージすることができます。

■ジブンハウスの「スマートカスタム」
https://jibunhouse.jp/custom

ジブンハウスの口コミ・評判

ここでは、ジブンハウスを利用した方から寄せられた口コミを一部抜粋して紹介します。

注文住宅と比べると、比較的低い価格で建てられる点が魅力。夏も冬も過ごしやすいため、住宅の性能にも満足している。

規格住宅ではあるが、こちらの要望に応じて柔軟に対応してもらえるところもあり融通が利く。シンプルだけど、こだわるところにはこだわれるバランスが良い。

スマホで家を買うというコンセプトがユニーク。VRで具体的に家のイメージができるし、家のスペックなど詳細の確認もできる。

セルフ見積もりをしてから打ち合わせをすることで、自分でもある程度情報を持って家づくりを進めていける。

シンプルでありつつ、こだわれる家づくりに魅力を感じる声が多く聞かれました。また「スマートカスタム」で事前に情報を確認した上で打ち合わせに臨める点についても高く評価されていました。家づくりは大抵の人が初めてなので、分からないことだらけで進んでいくものですが、「スマートカスタム」を利用することで少しでも不安を解消することができるのではないでしょうか。

JIBUN HAUS.の基本情報

会社名 JIBUN HAUS.株式会社
所在地 本社:東京都港区西麻布2-20-16

札幌オフィス:北海道札幌市北区北10条西3丁目23番地1・THE PEAK SAPPORO1階

佐賀オフィス:佐賀県佐賀市富士町大字古湯898・SAGA FURUYU CAMPオフィスE
公式ページ https://jibunhouse.jp/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。