AIやニュースの活用で英語力アップ!英語学習アプリ「レシピー」はビジネスマンを力強くサポート

英語力は、キャリアアップにもビジネスチャンスを掴むにも役立つ能力です。趣味や副業も、海外の動画やサイトから学べるレベルで英語を理解できれば、段違いに視野は広がります。

とはいえ、ジェントリ読者の皆さんが「分かっているけど、忙しい!」と言うのもごもっとも。そこで、スマホとスキマ時間を利用して英語学習に取り組めるアプリ「レシピー」をご紹介します。

「レシピー」は一人一人のレベルに合った学習カリキュラムをAIが生成し、好みのジャンルの英語ニュースで英語を学べます。

「来月にTOEICが!」という急ぎの方も、「英語力ぐらい磨いておきたい」と腰を据えて学びたい方もどちらも重宝できる、とても完成度の高いツールですよ。

好きなジャンルの英語ニュースで学ぶ学習アプリ「レシピー」

英語のニュースを読んでいる画像

「レシピー」は、200万人が使う英語学習アプリです。AIが個人に合ったカリキュラムをカスタマイズし、英語ニュースを読みながら学習ができます。

音声を低速で再生したり、繰り返し聞いたりすることも自在。英文ニュース記事を読むときも、わからない単語はワンタップ辞書で確認できるうえに、後で復習もできます。

自分のペースで効率的に学習できるので「自分至上、最短で最高の効果」が期待でき、忙しいビジネスマンの英語学習におすすめですよ。

Listening、Speaking、Reading、Writing、単語学習、文法学習という英語学習のすべてが「レシピー」ひとつで完結するのも魅力です。苦手な方が多い「TOEIC Prat7」(※)に特化した対策もできますよ。

※「TOEIC Prat7」…TOEICリーディングセクションの最後にあるパート。長文を読んで文章の内容に関する設問に答える長文読解問題。文章量が多く、対策に悩む方も多い。

今回は、「レシピー」を開発・リリースしている株式会社ポリグロッツでFounder&CEOを務める山口隼也さんに詳しくお話を伺いました。

タイパ重視のビジネスマンにおすすめ!個々にカリキュラムを自動生成

株式会社ポリグロッツのFounder&CEO・山口隼也さん

▲「レシピー」を開発した株式会社ポリグロッツのFounder&CEO・山口隼也さん(右)

編集部

英語力をつけようと思ったとき、個人レッスンなどいろいろな手段がありますが、そんな中で「レシピー」を利用するメリットをお伺いできますか。

山口さん

一人一人の学習者のレベルや英語力、その人がどういう話題に興味を持っているかに応じて、どうやって英語学習を進めていくのがベストなのか、カリキュラムをAIが自動で生成するのが、「レシピー」の一番の特徴です。

「あなたの英語学習のレシピを作ります」ということでレシピーという名前なんです。今までのスクールやアプリだと、初級・中級・上級者向けに設定されたところで勉強するものだったと思うんですけど、やっぱり英語学習には皆さん苦労してしまう。それは50人の学習者がいたら、50パターンの苦手な部分があるからなんです。

経験豊富な先生の個別指導レッスンに毎週通えればいいんでしょうけど、必ずしもそうはいかない。そんな人のために、データとAIの力でカリキュラムを最適化しようと開発されたのが「レシピー」です。

少ない時間でより効率的な学習ができる、しかもスマホひとつで完結するのでいつでもどこでも学習できる。だからタイパ重視のビジネスマンには特に、レシピーを使うメリットが大きいと思います。

生身の先生と英会話をすることで、ビジネス英語の予行演習にも

英語学習アプリレシピ―のプロフェッショナル英会話のイメージ画像

編集部

レシピー活用の具体例について伺えますか?

山口さん

例えばレシピーは「あなたはリスニングが弱いから、この学習をしましょう」と提案してくれます。自分で計画を立てるよりも効率的です。

編集部

AIが課題を指摘してくれるのですね!それ以外にもAIが使われている部分はありますか?

山口さん

学習者の発音をチェックしたり、ライティングの添削をしたり、あらゆるところに生成AIが使われています。精度の高い採点やフィードバックが瞬時にできるので、効率よく学習できます。

一方で、英語はやはり「人との会話」が大事です。他のアプリだとAIが相手の「AI英会話」のようなものもありますが、レシピーでは、あえて生身の先生と喋ることにこだわりました。

先生と会話をして、間の取り方や雰囲気の作り方を覚えながら、実践的に英語が使えるようになるところもレシピーの特徴だと思います。

編集部

ビジネスで英語を使う予行演習になりそうですね!

試験や留学、海外赴任対策など、さまざまな男性のニーズに応える仕組み

編集部

レシピーのユーザーは、どういった目的の方が多いのでしょうか。

山口さん

TOEIC対策のほか、留学を控えている、海外赴任が3ヶ月後に決まっているなど短期の学習目的のあるユーザーが約3分の1です。あとの3分の2は、差し迫ったニーズはないけれど英語力を鍛えたい、キープしたいという方々になっています。

また、アプリの口コミなどでは「検定試験の対策に効きます」という声が多いです。

編集部

さまざまな男性のニーズにも応えられそうですね。

継続率90%!秘密は一人一人の興味に合った英語ニュース

レシピーのジャンル別英語ニュースのイメージ画像

編集部

レシピーは継続率90%はかなり高いですよね。どのような理由があるのでしょうか。

山口さん

自分のレベルに合ったカリキュラムだということのほか、メインのコンテンツがニュースであることも大きいと感じます。

いろんなジャンルのニュースの中から、その人の関心があるニュースが選ばれるので、試験のために興味のないコンテンツで勉強している状態とは違います。勉強をしているというより、情報収集の延長が学習になる仕組みです。

例えばネット関連の仕事をしている人には、次世代のインターネットに関する英語ニュースが提供される、といった感じです。情報収集をしながら英語も学べて、一石二鳥ではないかと思います。

編集部

ニュースを読む時間が英語学習になるのは良いですね。ちなみに、どのくらいの期間の利用で成果が得られるのでしょうか?

山口さん

6カ月を目安に利用を続けていただくことをおすすめしております。CEFR(※)という国際英語力の基準があるのですが、6カ月でCEFRが1段階上がる設計にしています。
※「CEFR(セファール)」・・・外国語の運用能力・熟達度を同一の基準で評価するグローバルスタンダードな指標。国際通用性が高く、英語力の評価・証明に多用されている。A1、A2、B1、B2、C1、C2の6段階がある。

「レシピー」提供会社からのメッセージ

英語学習アプリ「レシピー」の関連画像

編集部

最後に、レシピーに興味を持った読者に向けて、メッセージをいただけますでしょうか?

山口さん

レシピーは「いろいろな英語学習を試したけれど挫折した」という人のために作ったアプリです。そんな人でもぜひ一度、レシピーでの英語学習にチャレンジしてみてくださいとお伝えしたいです。

英語を学ぶ場合、最低でも1日2~3時間がんばりましょうというプログラムが多いのですが、仕事や家事と両立しながら2~3時間を捻出するのはかなり難しいですよね。

レシピーは、1日30分~1時間、ライフスタイルに合わせて取り組めるトレーニングプランになっているので、働き盛りの男性も、子育て中のパパにも合っていると思います。

編集部

今までさまざまな英語学習で挫折してきた私ですが、レシピーなら続けられる!と思いました。山口さん、今日は貴重なお話をありがとうございました。

英語学習アプリ「レシピー」の口コミ・評判

ここでは、英語学習アプリ「レシピー」を利用した方の声をいくつかご紹介します。

少しでも時間が空けば学習できるので、英語が読み書きできるようになります。継続しやすく、私の満足度は第1位です。

スマホアプリとして優秀で、楽しみながら英語が学べます。スマホで手軽に英語学習に取り組みたい方にとっては、非常に優れたサービスだと思います。

英語のアプリを片っ端からダウンロードした結果、レシピーは使いやすいと思いました。とくに、文法事項の復習になりました。

隙間時間にサクッと英語学習ができることが良いです。アプリのデザインもシンプルで、学習カリキュラムに取り組みやすく、気軽に勉強できます。なにより、無理なく継続できるところが一番気に入っています。

スマホで手軽に利用でき、学習の継続もしやすい面が高く評価されていました。スキマ時間を有効活用しているという声も多くありました。

英語学習アプリ「レシピー」の利用料金

利用方法=GoogleストアあるいはAppストアより、英語学習アプリ「レシピー」をダウンロード

料金(月額・税込) 内容
無料プラン 無料 英文のニュース記事読み放題!タップ辞書なども利用可能。
Basicプラン 2,427円 レシピーのコンテンツを自分で選んで自由に学習したい方向け。
Standardプラン 3,600円 自習プランの一番人気プランです。
Advancedプラン 6,000円 チャットでの先生のサポートが含まれ、本格的に学習したい方にお薦め。

「レシピー」の基本情報

提供会社 株式会社ポリグロッツ(POLYGLOTS,Inc.)
所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-11-3 Dタワー西新宿16F
問い合わせ先 03-4361-2364
公式ページ https://www.polyglots.net/app/polyglots/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。