エンジニアになりたい男性必見!プログラミングスクール「RUNTEQ」なら1,000時間で即戦力に

会社員として働くなか、「あらためて手に職をつけたい」と考える一方で、「プログラミングは面白そうだけど、何から始めて良いか分からない」と感じる男性もいるのではないでしょうか。

この記事では、エンジニアへのキャリアチェンジを考えている男性に向けて、超実践型のプログラミングスクール「RUNTEQ(ランテック)」をご紹介します。

Webサービスの開発会社を母体とするRUNTEQは、実践的でハイレベルなカリキュラムと1,000時間という圧倒的な学習量によって、即戦力の人材を育成することが特徴です。

オンラインスクールでありながらも、受講生や卒業生同士のコミュニティが活発でモチベーションが保ちやすく、手厚い就職支援も受けられるなど、受講生が目標達成しやすい環境が整っています。

今回はRUNTEQ代表の菊本久寿さんにインタビュー取材を行い、RUNTEQの特徴やプログラミング学習のポイントを伺いました。

未経験の男性が即戦力に。エンジニア育成に力を注ぐ「RUNTEQ」とは

編集部

まず最初に、数あるプログラミングスクールの中でも、RUNTEQのならではの特徴や魅力について教えてください。

菊本さん

RUNTEQの最大の特徴は、超実践型のプログラミングスクールである点です。

運営母体の株式会社スタートアップテクノロジーは開発会社なので、その実務のノウハウをベースに、現場で即戦力となれるようなカリキュラムを提供し、9カ月かけて1,000時間の学習という、大きめのカリキュラムを組んでいます。

編集部

一般的なプログラミングスクールでは、2~3カ月のカリキュラムが多いようですが、やはりそれだけでは足りないとお考えですか?

菊本さん

エンジニアとしてのレベルは学習量に比例するので、今の現場のニーズに届くには1,000時間ぐらい学習する必要があると考えています。

現在、特に自社サービスの会社や受託開発会社は”即戦力”を求める傾向にあるので、年々入社のハードルも上がってきています。

この業界では、数少ない優秀な人材を取り合っているような状態なので、RUNTEQの母体であるスタートアップテクノロジーもずっと採用で苦しんでいました。そこを解決したい、エンジニアの人口を増やしていきたいという思いから、実力のあるプログラマーの育成を始めることになったのです。

編集部

エンジニアに憧れる男性も多いですが、キャリアチェンジを考えているのであれば、知識だけではなく、現場で使える実践的なノウハウを持った人材が求められているんですね。

「Ruby」を軸にフレームワークもセットで学ぶ。アプリケーションエンジニアを育成

RUNTEQが提供するプログラミングの課題例

▲RUNTEQのプログラミング演習の課題例

編集部

プログラミング言語を学ぶ際に、どの言語を選べばよいか分からないという男性は多いと思います。RUNTEQで学べる言語について伺えますか?

菊本さん

RUNTEQの中心は「Ruby」ですね。Webアプリケーションフレームワークである「Ruby on Rails」とワンセットで学べるところに強みがあります。

一方で、実際の就職先ではRubyだけではなく、PHPやJavaなど、いろいろな言語にコンバートされることも…。とは言え、Ruby on Railsで基礎が理解できれば、コンバートはそれほど難しくないと考えています。

RUNTEQが提供する「Ruby on Rails」の課題例

▲「Ruby」や「Ruby on Rails」を中心に、開発から公開までのプロセスを学ぶ

編集部

プログラマーにも職種があると思うのですが、RUNTEQではどのようなタイプのエンジニアを育てているのでしょうか?

菊本さん

いわゆる「Webアプリケーション」のエンジニアを念頭に育成しています。そのため、HTML、CSS、JavaScriptといった基礎から始めて、Ruby、Ruby on Railsに入ってくというカリキュラムを組んでいますよ。

また、メインはバックエンドエンジニアなのですが、最近はフレームワークを生かして、ユーザーに近い「フロントエンドエンジニア」として就職される方も出てきていますね。

基本的には開発のフローに乗せて学んでいくので、自然と一人ですべてできるようになりますよ。また、講師は質問の仕方や疑問点の調べ方など、実務を念頭に置いて指導しています。

Dockerなど開発に必要な周辺ツールの使い方も学べますし、最後はアプリケーションを自分でつくるので、AWSやHerokuなどサービスを公開するためのインフラについても学ぶことができます。

受講生は20~30代男性が中心。自己分析や面接練習など手厚い就職支援あり

編集部

RUNTEQを利用される男性は、何歳くらいの方が多いのでしょうか?

菊本さん

ボリュームゾーンとしては、大体20代半ば~後半くらいが多くて、30代前半くらいまでというところですね。最近はリスキリングという観点から、転職ではなくスキルアップとして、40代の方が入られることもあります

編集部

目的として一番多いのは、やはり転職ですか?

菊本さん

そうですね。受講生のほとんどは、転職が目的です。そのためRUNTEQでは、自己分析や書類検査、面接の練習まで対応しています。

卒業生の就職先としては、初期は以前からつながりのあるスタートアップさんが多かったですが、最近はいわゆる一般的な事業会社さんや、受託開発会社さんがメインです。小規模が多いですが、中には大きい受託開発会社さんもあったりと幅広いですよ。

編集部

RUNTEQの卒業生を、母体のスタートアップテクノロジーで採用されることもありますか?

菊本さん

はい、もちろんです。スタートアップテクノロジーでは、エンジニアにおけるRUNTEQ卒業生比率が徐々に高まってきています。ただしそこは、あくまでも他社さんと同じラインに乗せたうえで、その中の一つとして弊社にも来てもらっている形ですね。

挫折しそうな男性も「コミュニティ」参加でモチベーションを維持

RUNTEQのプログラミング学習画面の一例

編集部

仕事をしながらプログラミングを学ぶ男性の中には、思うようにいかず、挫折しそうになる方もいらっしゃるかと思います。RUNTEQでは、その辺りの対策もされていますか?

菊本さん

はい。RUNTEQの特徴の一つである活発な「コミュニティ」が、挫折を防ぐ大きな役割を果たしています。

中でも、弊社では入学時期の近い方々の中で分けられたグループの皆さんと自由な形式で一緒に学ぶことができる「学習バディ制度」を取り入れているので、MattermostやDiscordを使って、オンライン上で一緒に開発をする姿もよく見かけますよ。

最近は「オフ会」も活発で、挫折しかけた受講生が、周りから「戻ってきなよ」と声を掛けられて、気持ちを持ち直したという話も結構ありますね。

編集部

受講生同士がそこまで深い関係性を構築できるなんて、まるでリアルで対面する学校のようですね。

菊本さん

そうなんです。本当に学校のような感覚を持っていただいているようで、「大人になってこんな青春をまた味わえると思わなかった」という声もよく聞きます。卒業生同士で集まったりもしています。

チームで本気のホラーゲームを作った例もあり、みんなでアイデアを出し合いながら、バラエティーに富んだ面白いサービスを、楽しみながら作っています。

公式イベント多数!受講生企画のショートプレゼンやワークイベントも開催

編集部

受講生向けのイベントなども開催されているのでしょうか?

菊本さん

RUNTEQでは毎日のようにイベントが開催されています。講師による勉強会はもちろん、就活関連のイベントも充実しています。それに加えて、受講生が主催するイベントもたくさんあるんですよ。

中でも、特に目立つのが「LT会(Lightning Talks)」というショートプレゼンです。最近ではRUNTEQと日常生活を両立するためのLT会や、自分の強みを発見するためのワークイベントなどが開催されました。

集まって、何かしらのナレッジを共有していくことが好きな方が多いみたいです。

プログラミング学習を成功させたい男性には、一緒に学ぶ仲間が大切

編集部

RUNTEQではコミュニティを通して仲間と一緒に学習するスタイルを採用されていますが、やはり独学でプログラミングを学び続けるのは難しいということでしょうか?

菊本さん

プログラミング学習は、挫折との戦いだと思います。現場から要求されるレベルも上がっていくなか、1人で長く学び続けるのは大変だと思います。

こうした点から、もし独学という道を選ぶとしても、まずは一緒に学べる人や現役のエンジニアとの繋がりを作って、プログラミングを学ぶ前の準備を丁寧に進めることが大切でしょう。

もし挫折をして、「プログラミングは面白くない」と感じてしまったらもったいないです。しかし、周りに人がいて、みんながプログラミングの話をしていれば、自然と楽しくなっていくものです。

編集部

たしかに、プログラミングを学びはじめても、楽しめるレベルになるまでには時間がかかりそうです。挫折せずに一定のレベルまで上がるためには、仲間の確保がカギということですね。

菊本さん

また、自分で苦労してサービスを作ったとしても、実際に使ってくれる人がいないと全然面白くないんですよ。

一方でRUNTEQでは、受講生や卒業生が作ったものをシェアして、みんなで使い合ってみるというカルチャーがあるので、楽しみながら学んでいる男性も多いですよ。

RUNTEQからビジネスマンへのメッセージ

RUNTEQ代表の菊本久寿さん

編集部

最後に、ここまでのお話を聞いてRUNTEQに興味を持った男性に対して、何かメッセージをいただけますか?

菊本さん

プログラミングと聞いて、ハードルが高いと感じる方もいらっしゃると思います。

でも、パソコンが登場して誰もが仕事で使いはじめたように、これからプログラミングは誰にとっても必要な技術になってくると考えています。

転職を本気で目指す方はもちろんですが、RUNTEQに入る、入らないにかかわらず、これからのビジネスマンはプログラミングというものに興味を持って、触れていってほしいと思います。

編集部

本日はエンジニアを取り巻く現状や、求められている人物像なども踏まえながらRUNTEQの魅力を語っていただき、ありがとうございました。

RUNTEQの評判・口コミ

ここでは、RUNTEQを受講した方からの評判や口コミを集めてみました。

実際の業務のような実践的な課題が設けられている。質問すると回答と共に調べ方も教えてもらえて、自走できる力がついた。

受講生や卒業生のつながりが強く、LT会や勉強会が頻繁に開かれている。モチベーションの維持にかなり役立った。

就職活動で使うポートフォリオの作り方について豊富なノウハウがあり、フィードバックやアドバイスを受けられたのは非常に良かった。

就職に向けたサポートが丁寧で、指摘も的確だと感じた。自信を持って面接に臨み、無事に内定を頂くことができた。

RUNTEQでは1,000時間にも及ぶカリキュラムが組まれていることもあってか、力を入れて取り組んでいる利用者が多い印象を受けました。

だからこそ、受講生や卒業生のコミュニティも盛り上がり、モチベーションを高く保ちながらレベルアップすることができるのではないでしょうか。エンジニアへのキャリアチェンジを検討している男性は、ぜひ検討してみてください。

RUNTEQの受講料

受講料 550,000円

※専門実践教育訓練給付金の給付条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大385,000円)の支給を受けられる。受給対象条件等はハローワークにて要確認

RUNTEQのWebエンジニア転職コース Ruby on Rails専攻は、経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の認定も受けており、専門実践教育訓練給付金の給付条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大給付額385,000円)が給付金として支給されます。

給付金を最大適用すると自己負担分が165,000円になるので、気になる方は公式サイトで詳細をチェックしてみてください。

公式:RUNTEQ(給付金制度について)

RUNTEQの基本情報

運営会社 株式会社スタートアップテクノロジー
所在地 東京都渋谷区宇田川町36-6
ワールド宇田川ビル5階B室
問い合わせ先 https://runteq.jp/contact
公式ページ https://runteq.jp/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。