「ソーシャルアパートメント」はビジネスマンの人脈を日常生活から広げる

社会人になると、どうしても仕事関係以外の人との出会いは少なくなりがちですが、「大人になってからも楽しい時間を共有できる友人が欲しい」「人脈を広げてプライベートや仕事を充実させたい」と考えている男性もいるのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、そんな男性におすすめの「ソーシャルアパートメント(SOCIAL APARTMENT)」という新しい暮らし方です。

一人暮らしの空間に、充実した共用空間と入居者同士の交流という価値がプラスされたソーシャルアパートメントでは、日常生活を送りながらさまざまな人と出会い、交友関係を広げていくことができます

忙しいビジネスマンでも生活の中で自然と、世界が広がる人脈作りができるはずです。

ソーシャルアパートメントは、多忙な男性の新たな出会いの場

ソーシャルアパートメントとは、株式会社グローバルエージェンツが提唱している新しい暮らし方です。同社が関東や関西を中心に約50棟展開するソーシャルアパートメントでは、年齢や性別、職業問わずさまざまなメンバーが暮らしています。

それぞれがマンションの鍵付き部屋で一人暮らしの生活を送る一方、共用空間では他の入居者たちとの交流を楽しんでいます。

共用空間はとてもおしゃれで綺麗だと評判で、キッチンやラウンジはもちろんのこと、ワーキングスペースや本格的なシアター、ビリヤードやバーなど物件ごとに特色のあるさまざまな設備が用意されているため、自宅と職場の往復が続くような男性でも、新たな友人との出会いが期待できるのではないでしょうか。

今回は、そんなソーシャルアパートメントの魅力について、グローバルエージェンツのソーシャルアパートメント広報担当・吉田主恵さんにお話を伺いました。

一人暮らし+共用空間。プライバシーも確保したい男性にもピッタリ

ソーシャルアパートメントの一室▲それぞれが居住する部屋では、通常の賃貸物件と同様のプライベート空間が確保されている。

編集部

まずは、ソーシャルアパートメントのコンセプトや特徴についてご説明いただけますか?

吉田さん

ソーシャルアパートメントは、マンションでの一人暮らしの空間に、“共用施設”や“入居者同士の交流”という+αの価値を付随させた、新しい形のライフスタイルです。

シェアハウスと混同されることもありますが、実は成り立ちが異なっています。

2005年の創業当初、一般的にシェアハウスは「家賃を皆で割って安く住む」といった“割り算”の考え方がベースでした。リビングなどは入居者たちで“共有”する空間であり、掃除当番を決めて掃除するなど、自分たちで決めたルールの中で暮らすスタイルが多かったと思います。

一方でソーシャルアパートメントは、一人暮らしの部屋に+αの空間があるという“足し算”の考え方で誕生しました。お部屋以外のラウンジやキッチンなどの共用スペースは、入居者であれば誰でも自由に利用できる一方で、できる限りトラブルを減らし、誰もが暮らしやすい空間づくりのために、管理会社となる私達が清掃やルール決めを行っています。

編集部

「みんなで住む」ではなく「1人で住む」ということを前提としながらも、ほかの入居者と交流する場所や機会が得られるというわけですね。

それぞれの物件には、どのくらいの部屋数があるのでしょうか。

吉田さん

多いところだと180部屋くらいある物件もありますが、平均すると60部屋くらいですね。

例外もありますが、基本的には40部屋以上というのを一つの指標としています。学校の1クラスくらいの規模なので、「相性が良い人もいれば、自分とは違った価値観を持つ人もいる」という、ちょうど良いバランス感が保てるんですよね。

編集部

入居者の皆さんは、自室で過ごす方が多いのでしょうか?それともラウンジで集まっていることが多いのですか?

吉田さん

過ごし方は本当にそれぞれですね。生活パターンも人によって全く異なりますので、日中はほとんどいないけど深夜になったらよく見かけるというような方もいますし、稀に登場するレアキャラみたいな方もいますよ(笑)

編集部

仕事で日中はほとんどいないという男性でも、気兼ねなく住めるような環境になっているというわけですね。ちなみに、吉田さんは実際にソーシャルアパートメントに3年間住んでいらっしゃったということですが、暮らすうえで難しさを感じたことはありましたか?

吉田さん

私はあまり感じたことはないのですが、プライベートを確保した暮らし方とはいっても入居者間トラブルはゼロではありません。物件によってはお部屋同士の音が聞こえやすいところもあり、音に敏感な方だとストレスに感じてしまうかもしれません。

生活音や、共用スペースの使い方といった生活マナーなどに配慮しながら暮らす必要があると思います。

日常生活で交友関係を深められるから、忙しいビジネスマンにおすすめ

ソーシャルアパートメントのラウンジで入居者たちがゲームを楽しんでいる様子▲ラウンジでは入居者たちが集まって食事やゲーム、談話などを自由に楽しんでいる

編集部

ソーシャルアパートメントは、どんな方がどのような目的で利用されているのでしょうか?

吉田さん

年齢や性別、職業などに関係なく、さまざまな方が集まっていますよ。男女比は、全体で見ると半々ですね。

やはり、他の入居者との交流を楽しむことを一番の目的として住んでいらっしゃる方が多いです。

編集部

他の入居者さんとは仲良くなれるのですか?

吉田さん

距離の縮まり方も様々ですが、コミュニティに溶け込むためにはラウンジに頻繁に顔を出すことをおすすめします。キッチンでの料理やラウンジで仕事をするなど、何か作業をしていると、通りがかった入居者に挨拶したり質問したり話しかけやすいと思います。

私の場合は退去後も関係性は続いていて、キャンプやピクニック、お花見など季節ごとの行事を一緒に楽しんでいます。利害関係もないので、仕事関係でつながる人とはまた違う関係性を築けますし、さまざまな価値観やバックグラウンドを持つ方がいらっしゃるので、いろいろな発見があって面白いですよ。

「一生涯の仲間と出会えました」という声を多く頂きます。

編集部

大人になると、いろいろなタイプの人と出会って深い関係性を築くというのが難しくなってきますよね。忙しいビジネスマンの場合、人に出会える場に足を運ぶのは大変ですから、日常生活を送る中で自然にたくさんの人との交流が続けられることは、大きなメリットだと感じました。

吉田さん

そうですね。家と職場の往復になってしまいがちな仕事が忙しいビジネスマンにも、ソーシャルアパートメントはおすすめなんですよ。

映画館並みのシアタールームも!豪華な共用スペースでワンランク上の暮らしを体験

ソーシャルアパートメントのラウンジに設置されたビリヤード台

編集部

公式サイトの写真を拝見しましたが、共用設備はかなりおしゃれで豪華ですね。

吉田さん

おしゃれなラウンジや広いキッチンなど、通常の1人暮らしではなかなか得られないようなものが使えるメリットがありますので、そういう所に魅力を感じて利用されている方も多いんですよ。

編集部

現在ソーシャルアパートメントは50棟ほどあるそうですが、それぞれの物件に特徴やコンセプトがあったりするのでしょうか?

吉田さん

「FILMS和光」(埼玉県和光市)という物件では、共用スペースに映画館のようなシアタールームが設置されています。実際の映画館でも使われているシアターチェア、大迫力のプロジェクター、7.1サラウンドなど、こだわりの空間になっていますよ。

ソーシャルアパートメント「FILMS和光」内に設置された映画館▲「FILMS和光」内に作られたシアタールーム。家に帰れば本格的な映画鑑賞が楽しめる。

吉田さん

物件全体を街のようにした「ネイバーズ武蔵中原」(神奈川県川崎市)という物件も特徴的ですね。もう少しコンパクトなシアタールームに、レストランのようなラウンジキッチンやライブラリーなどが併設されていて、住んでいて楽しいと思います。

編集部

シアター付き物件には映画好きの男性が集まってくるのでしょうか?

吉田さん

映画好きの方は集まりやすくはなっていると思いますが、私たちは、趣味嗜好で偏ることなくいろいろな人と出会える場としてソーシャルアパートメントがあるといいなと考えていますので、あまり尖ったコンセプトに寄せ過ぎないようにしています。

あくまでもデザインや共用部の設備に関するコンセプトに過ぎませんから、映画もそれ以外も、一人一人の感性で気軽に楽しんでいただければと思っています。

編集部

物件の魅力としてシアタールームのような設備はあるけれど、必ずしもそれを目的に入居者が集まってきているわけではないということですね。

吉田さん

そうですね。大人になればなるほど自分の趣味や嗜好が強くなっていて、同じようなベクトルの方と付き合うことが多くなりますが、小学校や中学校はそうじゃなかったですよね。「年齢も趣味もバックグラウンドも違うけど、ここに住んでいたから仲良くなった」という、そういう出会いの中から生まれる化学反応を楽しんでいただきたいと思っています。

コミュニケーションが苦手な男性も馴染める。専用アプリで自己紹介も

ソーシャルアパートメントの共用空間

編集部

ソーシャルアパートメントの入居者の方は、コミュニケーション能力が高い方や人と接することに積極的な方が多いのでしょうか?

吉田さん

2005年の創業当初は、コミュニケーション能力の高い方や情報感度が高い方が圧倒的に多かったと思いますが、19年間の歴史の中でソーシャルアパートメント認知度も高まり、「コミュニケーションは苦手だけれども飛び込んでみよう」「これを機に人脈を広げたい」という方も多いです。

編集部

コミュニケーションが得意ではない男性でもコミュニティーに溶け込めるような工夫はあるのでしょうか?

吉田さん

入居者専用のアプリがあって、入居時には他にどんな人が住んでいるかという情報を事前に確認することができます。何も情報がない状態でラウンジに乗り込むよりも心理的なハードルは低いと思います。

アプリ上で自己紹介もできるので、「自分から積極的に話しかけるのが苦手だ」ということを事前に伝えておくと、今住んでいる入居者の方からも声をかけやすくなるかもしれませんね。

また、入居者さん同士が交流を深められるようなイベントも開催されているので、そういった機会も活用していただければと思います。コミュニケーションが苦手な男性でも参加しやすいような小規模なイベントもありますよ。

イベント好きの男性必見!物件の枠組みを超えた催しを多数開催

ソーシャルアパートメントのラウンジで入居者たちがくつろいでいる様子

編集部

入居者向けのイベントは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

吉田さん

物件内でやるイベントと、物件の枠組を超えて入居者さん同士が交流できるイベントがあります。物件内のイベントは入居者さんが独自に企画して開催するのですが、さまざまなアイデアがあって面白いですよ。

例えば「物件内ライザップ」というテーマでイベントを企画されている方がいらっしゃいました。期間を区切って皆で食事制限をしたり筋トレを強化したりして、最終的には体重を計って撮影するというところまでやっていましたよ(笑)

ほかにも、プレゼン大会などの仕事にも活かせそうなイベントを企画したり、クリスマスパーティーやフェスなど本格的にイベントを作り込んで、大人の青春のような感じで楽しんでいらっしゃる方もいます。

編集部

アイデア次第でさまざまな企画が開催できて面白そうですね。自分のステップアップにつながる要素もありそうです。物件の枠組みを超えたイベントは、どのようなものがあるのですか?

吉田さん

私たち運営会社が企画する年に2回の大型イベントでは、運動会や夏祭りのようなものと、年末恒例のイベントとがあります。

年末のイベントはクリスマスパーティーと忘年会を兼ねたような100人〜200人規模のイベントで、毎年テーマを設定し、ゲームをしたり音楽のパフォーマンスをしたりなど、参加者の方々も一緒になって作り上げてくださっています。ドレスコードも設定して、お洋服を選ぶところからワイワイと楽しんでいただいていますよ。

編集部

物件の枠組みを超えたイベントに参加すれば、さらに人脈が広がりそうですね。イベント好きな男性なら、プライベート時間がより充実しますし、入居者同士のコミュニケーションも活発になりそうです。

物件は入居者数をチェック!効率重視の男性は水回り付きの部屋を

ソーシャルアパートメント内に設置された作業スペース▲ワーキングスペースが設置されている物件も。カフェに行かなくても仕事や勉強がはかどりそう。

編集部

実際に物件選びをするときにはどのような所に注目して選ぶのがよいのでしょうか?

吉田さん

一概には言えませんが、やはり立地を重視される方は多いですよね。あとは、物件の規模というのもポイントになってくるかと思います。

コミュニティーが大きすぎると疲れてしまうという方なら40部屋前後の物件がおすすめですし、反対にもっと人脈を広げたい方や、イベントがたくさんあるところがいいという方なら、都心の部屋数が多い物件がおすすめですね。

また、お部屋の中の水回りの有無も検討いただくとよいかと思います。全くない物件だと、シャワー、トイレ、キッチンもすべて共用で、順番待ちが発生する可能性があります。

ソーシャルアパートメント運営会社からのメッセージ

ソーシャルアパートメントのラウンジの様子

編集部

最後に、ソーシャルアパートメントに興味を持たれた男性に向けて、メッセージをお願いします。

吉田さん

日常生活の中で交友関係を広げられるソーシャルアパートメントは、忙しいビジネスマンにもおすすめです。

人生の中で数年間、新しい生活スタイルにチャレンジしてみるのはとてもいい刺激になると思いますので、興味がある方はぜひ飛びこんでみてください。付き合う人の幅が広がったり、考え方の違いに出会えたり、いろいろな仕事の裏側を知ることができたりと、たくさんのメリットがありますよ。

周囲に影響を受けて変わる人が多く、料理を始めてみたり、新しい趣味を見つけたり、転職や留学でキャリアの幅を広げたりなど、世界が広がっていく体験ができるのではないかと思います。

編集部

さまざまなバックグラウンドの人と交流することで、仕事や人生にプラスになることが何か見つかるかもしれませんね。お話をお伺いして、ビジネスマンの男性にもとても魅力的な環境なのではないかと感じました。

本日は、たくさんの貴重なお話をお聞かせいただき、ありがとうございました!

ソーシャルアパートメントの口コミ・評判

大型ラウンジに作業スペース、カフェまでついて家賃も安い。お得な価格で都内に住める夢のような空間!

プライベートな空間を確保しながらも、日々の挨拶を交わせる仲間がいるのが嬉しい。ときどき一緒に買い物に行ったり料理をしたりなど、距離感がちょうど良い。

普段出会わないような人たちと出会うことができてとても楽しいし刺激になる。

「さまざまな人に出会えて刺激になる」「お得に豪華な設備が使える」という口コミが目立ちました。仕事につながる人脈ができたというビジネスマンの口コミも複数みられましたよ。

ソーシャルアパートメントの物件探し

ソーシャルアパートメントの公式サイトでは、沿線やエリアなどの立地条件だけでなく、「水回り付き居間」「シアタールーム」「100世帯以上」など、気になるキーワードを入力して物件を検索することができます。

どんな物件があるのかぜひ探してみてくださいね。

■物件検索ページ:https://www.social-apartment.com/search

ソーシャルアパートメントの基本情報

運営会社 株式会社グローバルエージェンツ
所在地 東京都渋谷区東1-29-3
問い合わせ ・電話:0120-691-930(10:00~19:00 定休日:水・祝日)
・Web:https://www.social-apartment.com/contact
公式ページ https://www.social-apartment.com/
※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。