南国植物やイルミネーションが自慢の「東南植物楽園」で家族旅行、デートの思い出を|沖縄県

沖縄を観光で訪れる予定がある方は、せっかくなら、現地でしか見られない珍しい植物がある施設に足を運んでみてはいかがでしょうか?

沖縄県沖縄市にある「美らヤシパークオキナワ・東南植物楽園(以下、東南植物楽園)」は、南国情緒にあふれた個性的な植物園です。熱帯・亜熱帯地域特有の植物を中心に約1,300種類が展示されていて、彼女や家族とはもちろん、おひとり様でも丸一日飽きることなく過ごせます。

植物だけでなく、カピバラやリクガメといった動物との触れ合いや全国的にも注目されているイルミネーションも楽しめます。この記事では、そんな東南植物楽園の魅力をたっぷりとご紹介します。

家族連れから写真好きソロ男性まで楽しめる東南植物楽園

東南植物楽園の展示植物全体の様子

東南植物楽園は、那覇空港から車で1時間程度、沖縄自動車道・沖縄北インターから約5分の距離にある観光スポットです。

園内は、植物にフォーカスした「植物園」と、湖など水辺のスポットが設けられた「水上楽園」の二つのエリアで構成されており、それぞれ異なる風景が見られます。

また、壮大なスケールの植物や愛らしい動物たち、期間限定のイルミネーションなど、園内には“映える”光景が盛りだくさん。そのため、カメラを持って一人で訪れる男性も多いそうです。

ここからは、園内の見どころや男性におすすめの楽しみ方について、東南植物楽園のセールス・マーケティング部課長・長田奈美江さんに伺った話をもとにご紹介します。

“日本一の規模”を誇る高さ25mの「ユスラヤシの並木」は少年心をくすぐる

日本最大規模を誇るユスラヤシの並木

▲日本最大規模を誇るユスラヤシの並木通り

「植物園」の代表的な見どころといえば、ユスラヤシの並木通りです。空に向かって伸びる木々の高さは25mにも達し、日本一の規模を誇るのだとか。長い年月をかけて作り上げられたその光景の迫力は、男性の少年心をくすぐることでしょう。

ユスラヤシ以外にも、トックリのようにふくらんだ幹が特徴的なトックリヤシの並木や、約80種類のハーブが生えるハーブ園など、沖縄県外ではなかなかお目にかかれない、南国特有の風景に触れることができます。

植物好きな男性にとっても新鮮な環境での散策は、きっと飽きることなく楽しめるでしょう。

沖縄最大級のハス池を彩る白と桃色の花。スイレンは地域特有の品種も

東南植物楽園で見られるハスの花

もうひとつのエリアである「水上楽園」も見どころ満載です。

アフリカのサバンナ地帯に分布し、小説「星の王子さま」でもお馴染みのバオバブや、真っ赤な樹液を持ち、世界一長寿の木といわれるリュウケツジュなどが見られます。

沖縄県内最大級のハス池となっている「思いやりの湖」もあります。白と桃の2色のハスの花によって湖面が彩られる6月中旬から2ヶ月半は「蓮(ハス)・睡蓮(スイレン)まつり」が開催。早朝に咲きはじめてお昼頃には閉じてしまうハスの花の特性にあわせて、開園時間が土日祝日に限り通常よりも早い早朝7時に変更されます。

また、スイレンは紫・ピンク・白・黄色とカラーバリエーションに富み、朝から夕方まで開花を楽しめます。青の色素を持つスイレンは熱帯・亜熱帯地域特有の品種で、国内だと屋外では沖縄県以外ではなかなか見られないそうです。

愛らしいカピバラやリスザルとの触れ合いは大人の男性にも好評

動物ふれあい広場のカピバラとリスザル

▲動物ふれあい広場のカピバラとリスザル

「水上楽園」には、動物に餌やりをしたり、一緒に遊んだりできる「動物ふれあい広場」もあります。世界最大のげっ歯類のカピバラや、リスのような顔のリスザルは、特に男性人気が高いといいます。

ほかにもリクガメやミーアキャット、ウサギやヤギなども飼育されており、その愛くるしい姿に癒されること間違いなしです。

土日祝日にはバードパフォーマンスショーも開催され、インコやオウムによる迫力のフライトが間近で楽しめます。バードパフォーマンスショーの後には、鳥たちとの記念撮影も実施。きっと旅の思い出に残る一枚が撮れることでしょう。

バードパフォーマンスショーの様子

▲間近で見ることができるバードパフォーマンスショー

さらに、定期的に開催されている「せかいの昆虫展」では、世界最大のカブトムシ・ヘラクレスや世界最強のクワガタ・パワランオオヒラタクワガタなどの生体約20体のほか、およそ300点の標本も展示されます。小さな男の子はもちろん、大人の男性も夢中になってしまうそうです。

話題沸騰!東南植物楽園のイルミネーションとグルメ

東南植物楽園の魅力は、植物や動物だけではありません。秋から初夏にかけて飾られる壮大なイルミネーションは、全国的な表彰を受けるなど話題に。また、園内の飲食店では、地場産野菜や園内で採れたハーブを用いた料理が味わえます。

ここからは、そんな東南植物楽園の「光」と「食」の魅力をお伝えします。

“全国2位”に選ばれた壮大なイルミネーションがデートをロマンチックに

ハスをモチーフにしたイルミネーション

▲植物園ならではの植物をモチーフにしたオリジナルイルミネーション

東南植物楽園の「沖縄南国イルミネーション」は2023年、夜景観光を推進する一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」主催の「インターナショナルイルミネーションアワード」で、イルミネーションイベント部門全国2位(※)に輝きました。※「東南植物楽園」公式サイト:プレスリリース

また、同法人が認定する「沖縄三大夜景」にも選ばれています。

イルミネーションは、東南植物楽園のスタッフが総出で制作・設置をしていて、その手作りで温かみのある装飾が高く評価されているとのこと。テーマは毎年変わり、2023年10月〜2024年5月に開催された「輝く南国の花たち」では、蓮の花やハイビスカス、ヒスイカズラなどをモチーフにした植物園ならではの電飾が、来園者を魅了しました。

ハスをモチーフにしたイルミネーション

▲ハスをモチーフにしたイルミネーション

南国の植物園というロケーションを活かした幻想的で壮大な世界観は一見の価値ありで、イルミネーションを目当てに沖縄旅行を計画する人もいるのだとか。家族で見に行けば子どもも大喜びでしょうし、デートならロマンチックなひとときを過ごせるはずです。

2024年10月から新たなイルミネーションが展開される予定だそうなので、興味のある男性はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

東南植物楽園のイルミネーション

東南植物楽園のイルミネーション

東南植物楽園のイルミネーション

スクロールでイルミネーションの写真が見られます→

地場産食材を使ったレストラン。採れたてハーブ出汁のしゃぶしゃぶは芳醇!

園内にあるレストラン「PEACE」では、地元の食材などを使ったランチがビュッフェ形式で楽しめます。

麻婆豆腐やエビチリ、チャーハンなどの中華料理やパスタといったメニューのほか、サラダコーナーには、園内で採れたハーブや園近郊の農家が手がけた地場産野菜が、自家製ドレッシングとともに置かれています。しゃぶしゃぶは、旬のハーブの香り豊かな出汁を使っていて、肉との相性が抜群です。

「PEACE」は、窓の外に植物が広がり、テラス席も設けられているロケーションの良さも売りの一つ。豊かな自然に囲まれながら家族やカップルで楽しむ食事は、より一層おいしく感じられるのではないでしょうか。

「PEACE」は期間によって営業時間が異なります。「蓮・睡蓮まつり」会期中の土日祝日は朝7時の開園と同時にオープンし、台湾料理の朝食メニューが提供されます。イルミネーション期間中はディナー営業もしていて、琉球在来豚のアグーを使った料理が人気だそうです。

■「東南植物楽園」公式サイト:レストラン[PEACE]

東南植物楽園の口コミ・評判

ここからは、東南植物楽園の来園者の口コミ・評判をお伝えします。

初めての訪問でしたが、昼と夜とでは全く違う雰囲気で、一日中楽しめました。昼間は熱帯植物園に加え、動物とのふれあいコーナー、バードショーなど人懐っこくて可愛い動物とたくさんふれあえます。一方、夜のイルミネーションは、世界観が一変します。音楽やレーザー光線も素敵で、飽きることはありませんでした。

今まで見てきたイルミネーションの中でダントツで綺麗でした!彼氏と行きましたが、二人で行けて最高の思い出になりました。今度は子どもを連れて行きたいと思います。

園内はすごく広くて、とても綺麗でした。子どもたちも終始はしゃいでいて大満足だったようです。連れて来てよかった!

カップルや家族連れに人気であることが伺えます。アクティビティが豊富なので1日だけでは遊びきれなかったという声も散見されます。季節によって見ることのできる植物も違うので、沖縄に訪れた際にはまた来たいという方がとても多い印象です。

東南植物楽園の入園料

東南植物楽園の入園料は以下の通りです。

年齢 入園料
大人(18歳以上) 1,650円
中人(13~17歳) 1,200円
小人(4~12歳) 700円
3歳以下 無料

※10月~5月イルミネーション入園料を除く

入園料にランチセットがついたプランや、年間パスポートも用意されています。詳しくは公式サイトをご覧ください。

■「東南植物楽園」公式サイト:ご利用案内

東南植物楽園の基本情報

運営会社 株式会社東南植物楽園
所在地 沖縄県沖縄市知花2146番地
問い合わせ先 098-939-2555
営業時間 9:30~18:00
※入場時間締切17:30
イベントの有無で開園・閉園時間に変更有
公式ページ https://www.southeast-botanical.jp/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。