粋な男性の心をつかむ備前焼。「備前焼伝統産業会館」で自分だけの一品を探す|岡山県

普段の食事を美しく彩る器。質が良いと料理の味わいが引き立つだけでなく、見栄えや手に取った時に気分が弾むため、食器にこだわる男性もいるのではないでしょうか。特に美的センスの高い男性やグルメな男性の中には、既製品では飽き足らず希少性を求める方も多いはず。

自然と調和した土の風合いとマットな質感が魅力の備前焼は、食器としてはもちろん芸術的価値も高く、日常の充実感を高めてくれます。

岡山県備前市にある「備前焼伝統産業会館」では、備前焼陶友会に所属の約140名もの作家・窯元が手掛けた個性豊かな備前焼を展示・販売しており、人間国宝の作品も購入可能です。二つとない独創的な作品の数々に魅了されて、足しげく通うコレクターも少なくありません。

1,000年もの歴史と文化が刻まれた備前焼こそ、ワンランク上の男性は持っておきたい一品。備前焼伝統産業会館で自分だけの食器を見つけてみてはいかがでしょうか。

アート好き男性もハマる。備前市の伝統と技術が集まる「備前焼伝統産業会館」

岡山県備前市にある備前焼伝統産業会館2Fの備前焼ギャラリー

▲備前焼伝統産業会館2Fにある備前焼ギャラリー

備前焼伝統産業会館は、備前市の特産品を販売・展示する観光施設です。1Fは物産コーナーと観光案内所、2Fは備前焼のギャラリーが設置されています。JR伊部駅と直結していてアクセスが良いこともあり、特産品や備前焼を買い求める観光客で賑わいます。

毎年10月には、施設から駅周辺を会場に備前焼の一大イベント「備前焼まつり」が開催。期間中は備前焼が通常よりも安く購入できるとあり、好みの作家や人間国宝の陶芸作品を目当てに県内外から陶芸コレクターが集まります。

職人技が詰まった作品が多彩に揃い、観光客のみならず陶芸やアートに興味のある男性も思わず何時間も滞在したくなるような施設です。

展示・販売数約4,000点。男性の美意識を刺激する唯一無二の備前焼

岡山県備前市にある備前焼伝統産業会館2Fの備前焼ギャラリー

▲趣きは作り手によってまったく異なる

年齢を重ねるとブランド品よりも希少性や個性に価値を感じるという男性も多いのではないでしょうか。備前焼伝統産業会館2Fの備前焼ギャラリーでは、陶友会に所属している約140名もの作家・窯元の作品を展示・販売しています。作品数は計約4,000点にも及ぶため、強い感動と共感を覚える作品に出会えるでしょう。

備前焼は作家の持つ感情や経験、センスによって一つひとつの風合いが異なり、同じ作家の作品であっても柄や形に違いがあります。一つとして同じものはありません。

岡山県備前市にある備前焼伝統産業会館で販売している備前焼の茶碗

▲パートナーや家族で揃えてもおしゃれ。機械生産では表現できない深い味わいが特徴的

作家によって金額に差はあるものの、ビアマグや茶碗の場合は3,000〜4000円程度とお土産やギフトにちょうど良い価格帯の作品も豊富です。

食器以外に、比較的リーズナブルに購入できる小物やインテリアも販売しています。

岡山県備前市にある備前焼伝統産業会館で販売している箸置き

▲女性や子どもにも喜ばれそうなパンダの箸置き。細部まで丁寧に作られている

岡山県備前市にある備前焼伝統産業会館で販売している辰のインテリア

▲2024年の干支・辰がモチーフの小物。縁起物としてギフトにも最適

岡山県備前市にある備前焼伝統産業会館で販売している備前焼の花入れ

▲大人の女性にふさわしい上品な花入れ。パートナーのプレゼントや記念日のギフトに最適

花入れは女性に人気が高い作品の一つ。ただ見栄えが美しいだけでなく、備前焼には微細な気孔と若干の通気性があるため、水の鮮度が保たれて花が長持ちします。ギフト包装にも対応しているのでパートナーのプレゼントにもピッタリです。

なお、ギャラリーは普段事務局員が対応していますが、作家や窯元が来る日もあります。公式サイト「個展・窯出しスケジュール」で作家のスケジュールを告知しているので、陶器に興味のある男性は併せてチェックしてみてください。作家から直接作品の魅力やテーマなどを聞くことによって、より魅力を感じられるでしょう。

人間国宝の作品も20%OFF!備前焼を買いたい男性は「備前焼まつり」が狙い目

備前焼伝統産業会館では、毎年10月第3日曜日と前日の土曜日に備前焼の一大イベント「備前焼まつり」を開催しています。期間中は普段展示・販売している作品を20%引きでお得に購入できるとあり、旅行客をはじめ備前焼の販売を目当てに県内外から多くの人が訪れます。

普段十数万円の値段が付く人間国宝の陶芸作品も割引対象です。備前焼をリーズナブルに手に入れたい男性はもちろん、人間国宝の作品を鑑賞用に購入したいと考えている陶器愛好家の男性こそ押さえておきたいところでしょう。

当日はろくろ実演や飲食店の出店もあるので、ファミリーで来場しても楽しめます。

シンプルを極めた備前焼は、使う男性の気品を際立たせる

スマートな男性には備前焼が似合います。その理由は、備前焼が、瀬戸・常滑・丹波・信楽・越前に並ぶ日本遺産「日本六古窯」の一つだからです。日本六古窯とは、1000年以上続く日本古来の知恵と技術を継承した陶磁器窯で、器としてだけでなく高い歴史的・美術的価値があります。

そして、備前焼の最大の特徴は、釉薬(ゆうやく)を使用せず絵付けもしないシンプルを極めた風合い。大地のぬくもりを感じる土のザラザラとした質感は、他の六古窯にはない魅力です。土の性質や窯の温度変化など、その時々の状況で模様が生み出されるおもしろみは粋な男性に似合います。

ここでは、数ある作品の中から、男性に人気のあるお酒関係の備前焼を紹介します。

日本酒の香りを引き立たせるぐい呑み・徳利は辛党の男性を虜に

お酒好きの男性に好評なのが、ぐい呑み・徳利です。

備前焼は内部が緻密な組織をしているため、比熱が大きくなることから、保温・保冷効果にも優れています。熱燗(※)・冷酒・冷やどれで飲んでも、深い味わいを損なうことなく適温を保ちながらじっくり長く楽しめます。

そして備前焼ならではの渋みのある深い色合いと心地良い手触りが、お酒の席に風情を添え晩酌の時間をより豊かにしてくれるでしょう。
※備前焼は熱に敏感なため、熱燗を楽しむ場合は他の器で温めてから徳利へ移してください

ビジネスマンのご褒美に。クリーミーな泡を楽しめるビアマグ

岡山県備前市にある備前焼伝統産業会館で販売しているビアマグ

▲備前焼特有の重厚感と渋みがありながら、スタイリッシュさも感じられるビアマグ

「とりあえずビール」派の男性に使ってほしいのがビアマグです。備前焼のビアマグは、微細な凹凸があり発砲能力が高いため、ビールを注ぐときめ細かいクリーミーな泡が楽しめます。まったりとした泡はふたの役割となり、ホップの風味を逃しません。やわらかな口当たりと香りが続くため、普段飲んでいるビールが一層おいしく感じられるでしょう。

保冷効果にも優れているので、マイペースで飲み進められるのも嬉しいですね。疲れた体と乾いた喉を潤す帰宅後の一杯が、今まで以上に楽しみになるでしょう。

岡山県備前市にある備前焼伝統産業会館で販売しているビアマグ

▲お気に入りのビアマグで飲むビールは格別。ザラザラとした土の質感も気持ち良い

シンプルなデザインから個性派まで多種多様に揃うため、普段飲むビールに合わせて選べます。

例えば、香りを楽しみたいなら泡持ちをキープする背の高いくびれのある形、ラガーのようなのどごしが良いビールなら直線的なフォルムなど、味わいにこだわって探すのも良いですね。

職場のお土産探しに最適。“お墨付き”銘菓や工芸品が並ぶ物産コーナー

岡山県備前市にある備前焼伝統産業会館1Fの物産コーナー

▲1Fの物産コーナーには備前市の特産品が豊富に揃っている

備前焼伝統産業会館1Fの物産コーナーでは、お土産に喜ばれる銘菓を購入できます。一番人気は岡山土産の定番「きびだんご」。もち米に砂糖と水飴、きびを加えた老若男女に愛されるやさしい味わいは、どんなシーンでも喜ばれること請け合いです。

備前焼伝統産業会館で取り扱っている「きびだんご」は、創業1881年の老舗和菓子店「山脇山月堂」のシリーズです。明治天皇陛下献上品『吉備団子』や、全国菓子大博覧会で3度の受賞歴がある『桃太郎伝説』など、どれも味はお墨付きで職場のお土産にもピッタリでしょう。

岡山県備前市にある備前焼伝統産業会館1Fで販売されているきびだんご

▲職場で配りやすい個包装の商品から、子どもに喜ばれるきびだんご手作りキットまで種類豊富

きびだんご以外に、日生地域で水揚げされる「日生牡蠣」をモチーフにした和菓子『オイスター(星★)もなか』など、ローカルなお菓子も販売しています。新たな特産品を見つけるのも旅の楽しみの一つですね。

備前焼伝統産業会館を楽しんだ後は、備前のまちを観光してみましょう。1Fの観光情報センターではまち巡りにちょうど良い自転車をレンタルできます。

岡山県備前市にある備前焼伝統産業会館1Fで販売されているきびだんご

▲レンタサイクルも利用可能。備前の食や文化に触れ合いましょう

備前焼伝統産業会館周辺には「備前陶器窯跡伊部南大窯跡」や陶芸体験ができる施設など観光スポットも点在しています。仕事のストレス解消を兼ねて、心地よい風を浴びながら備前の歴史と文化を体感しましょう。

備前焼伝統産業会館の口コミ

個性的な備前焼の数々に時間を忘れて長居してしまいました。観光で土地勘が分からなくても気軽に立ち寄れる立地も嬉しいポイントです。

渋い器から子どもや女性に喜ばれそうなかわいらしい茶碗まで種類豊富に揃っていました。皿一つとっても作家によってデザインが違うので選ぶ楽しみがあります。

備前焼はどれも高いイメージでしたが、日常生活で気軽に使えるような食器も豊富に出品されていました。自分好みのカップに出会い購入。ざらざらとした備前焼ならではの手触りが気に入っています。

訪れた方の多くの方が、その豊富なバリエーションに驚いている印象を受けました。また、普段使い用に買う人がいる一方で、好きな作家の作品を目当てに訪れるコレクターも多く購入目的はさまざまです。

新婚さんやアニバーサリーのプレゼントを探している男性は、パートナーと訪れて一緒に食器選びを楽しむのも良いかもしれませんね。

備前焼伝統産業会館の基本情報

施設名 備前焼伝統産業会館
所在地 〒705-0001
岡山県備前市伊部1657-7
問い合わせ先 0869-64-1001(岡山県備前焼陶友会)
0869-64-1100(1階 観光情報センター)
営業時間 1F:9:00〜17:30・2F:9:30〜17:30
休館日 火曜(祝日の場合は翌日)
※年末年始にあたる12月29日〜1月3日は休み
入場料 無料
公式ページ 公式サイト
https://touyuukai.jp/
備前観光協会 公式観光サイト
http://bizen-kanko.com/

※2024年5月時点。最新の情報は公式ページにてご確認ください。