上質にこだわる男性へ。クラフトビールの開拓者「横浜ビール」は人を繋げ、食と街を彩る

多忙を極めた日は自分へのご褒美に”おいしいお酒”が飲みたくなるもの。そんな時は、ちょっとリッチなクラフトビールでリラックスしてみるのもいいかもしれません。

今回紹介する「横浜ビール」は、横浜市内で最も長い歴史を持つクラフトビール。歴代の醸造士が丹念に築き上げてきた”飽きずに飲み続けられる”口当たりの良さが魅力で、国際的なビールのコンテストでも数々の受賞歴があります。

繊細な風味と独自のアロマから、40~60代のビール通な男性を中心に人気ですが、クラフトビール初心者の男性も親しみやすい一杯です。オンラインショップで入手できるほか、醸造所に併設されたレストランでは出来立てのクラフトビールや、横浜の地元食材を使った料理との組み合わせも楽しめます。

横浜ビールは、ビールを基点に”人と人を繋ぐ”街づくりのプロジェクトにも取り組んでいます。横浜ビールを通じ、横浜に根付くビールと食と街の魅力を、思う存分味わってみてはいかがでしょうか?

不易流行を掲げる横浜クラフトビールのパイオニア「横浜ビール」

ビール発祥の地である横浜市で、1999年からクラフトビールの醸造を始めた横浜ビール。スタッフが、地元の原材料生産者と関わりを持ちながら、丁寧なビール造りを続けてきました。

その根底には「いつまでも変わらない本質的なものを大事にしつつ、新しい変化も取り入れる」という不易流行の考え方があります。そんな思いが込められた、横浜ビールの代表的な商品をご紹介します。

ビール通の男性にも!苦味と柑橘の爽やかさが絶妙な『横浜ラガー』

横浜ビールの1番人気「横浜ラガー」

”爽やかなフレーバー”が魅力の横浜ビールの中で、一番人気を誇るのが『横浜ラガー』です。

一般的なラガービールは、まろやかで雑味のないスッキリとした喉ごしが特徴ですが、横浜ラガーではホップを4回に分けてたっぷりと加えているため、しっかりとした苦味とホップ由来の芳醇な柑橘の香りが楽しめます。

飲み応えがあり、濃い味付けの料理と相性が良いので、揚げ物や肉料理が好きな男性にはピッタリ。柑橘系の香りが爽やかで、飲みやすいテイストのラガービールとして多くの人に愛されています。

また、「2017年国際ビール大賞銀賞」をはじめ、「2017年アジアビアカップ銅賞」「2014年国際ビール大賞銀賞」など数々の輝かしい受賞歴があるため、ビール通の男性への贈り物としても喜ばれるのではないでしょうか。

自分へのご褒美やギフトに。オンラインショップでは”飲み比べセット”が人気

横浜ビールの人気缶ビール3種

横浜ビールの商品について、「定番もいいけど、他のラインナップも気になる…」という男性へ。異なる6つの銘柄のボトルビールが入った人気の「横浜ビール定番スタイル 6銘柄 飲み比べセット」はいかがでしょうか?

定番の『横浜ラガー』をはじめ、モルトフレーバーの『ピルスナー』や、フルーティな味わいが特徴の白ビール『ヴァイツェン6』など、味の違いが楽しめます。あなたにとって最高の銘柄が見つかるかもしれません。『3銘柄飲み比べ 6本セット(ラガー/ウィート/ハマクロ)』もありますよ。

横浜ビールの飲み比べ6本セット

▲飲み比べ6本セット

近くに横浜ビールの取扱い店舗(※)がないという男性には、オンラインショップがおすすめ。単品販売はもちろん、プレゼントに最適なセット商品、コラボビールまで豊富なラインナップが用意されています。
(※)横浜ビールの取扱い店舗一覧

横浜ビールの商品は、アニバーサリーのギフトや大切な人への贈り物として選ばれるケースも多いそうです。地域の店舗やイベントとコラボした限定ビールや、地元生産者と毎年共同開発される銘柄『めぐりあい』など、希少性の高い横浜ビールも購入できるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

オンラインショップ https://www.yokohamabeer.shop/

グルメな男性も唸る。出来立てビールと横浜の食材を使った絶品料理レストラン「UMAYA」

横浜ビールが飲めるレストランUMAYAの2階フロア

▲「UMAYA」の2階は宴会にも使える広々としたフロア

横浜ビールには、作りたての一杯を味わえる場所もあります。それが、横浜桜木町にある横浜ビール直営のレストラン「UMAYA」です。

フロア1階には、ガラス越しに醸造の様子が見学できる醸造所が併設されています。ホップ本来の風味や香りを堪能できる出来立てのビールが飲めるほか、横浜の食材を使ったメニューも存分に楽しめます。

大人数向けのパーティプランは5,500円~で、どれもクラフトビールが飲み放題。1杯800円ほどの作りたての新鮮な横浜ビールを心おきなく飲めるだけでなく、数種類のビールを飲み比べて自分の好みの銘柄を見つけるのも良いですね。

客席は1階が少人数向け、2階が大人数向けと分かれているため、会社の宴会でも利用できます。お店選びを任されることが多いビジネスマンなら、一度「UMAYA」を訪れて魅力を体感してみてはいかがでしょうか。

地域・人との繋がりを食で表現。横浜ビールと相性抜群な料理の数々

本店レストランUMAYAの人気メニューのソーセージ三銃士

▲いろんな種類を食べたいなら『ソーセージ三銃士』。横浜ビールによく合う定番メニュー

贅沢に作りたてのクラフトビールを飲めるなら、料理とのマリアージュも期待したいところでしょう。「UMAYA」では、横浜ビールと相性抜群の横浜産の食材を使用した多彩な料理が味わえます。

新鮮な織茂養鶏場の「横浜たまご」をはじめ、横浜醤油株式会社の「横浜醤油」・清水屋ケチャップ・岩井の胡麻油など、地元農家や食品メーカーと提携して横浜の食の魅力を伝えています。

定番のおつまみは添加物不使用の『ホップソーセージ』。天日乾燥と低温加熱殺菌でホップの色合いと風味を残しつつ、細かな温度調整でフレッシュな香りを感じられる手の込んだオリジナルの一品です。

お皿に盛られた横浜の食材をマッシュして食べる『驛(うまや)のポテトサラダ』も定番おつまみの一つ。横浜醤油で漬け込んだ丸々1個のじゃがいも・清水屋ケチャップ・横浜たまご・横浜の海苔問屋「蔦金海苔商店」のバラ海苔など、地産食材が凝縮されており一皿で横浜の旨みを堪能できます。彼女と来た際に注文すれば一緒に作れますし、より楽しい時間が過ごせるかもしれません。

本店レストランUMAYAの人気メニューの一つ驛のポテトサラダ

▲横浜醤油に漬けたじゃがいもなど地産食材をギュッと詰め込んだ『驛のポテトサラダ』

また「UMAYA」では、ゆかりのある地域の食材を使用した料理も提供しています。例えば、『気仙沼「こいわかめ」の岩井胡麻油炒め』は、横浜ビールのスタッフが震災をきっかけに出会った気仙沼の漁師から教わった食べ方を再現した一品。肉厚のこいわかめを岩井胡麻油で炒めた、素材の味がダイレクトに伝わるさっぱりとした味わいが人気です。

そして男性人気が高い料理は、味付けに横浜ビールと横浜醤油を使って作った『げんこつビアから揚げ』。外はカリッと中はジューシーで食べ応え十分です。1階では少人数向けのハーフサイズメニューも提供しており、1ピースから注文できます。

その他、福島県上野牧場の黒牛の牛肉を使用した『上野牧場さんの黒牛スタミナガーリックライス』も、男性ファンが多いメニューの一つ。ガーリックと横浜醤油のこうばしい香りが食欲をそそります。

本店レストラン「UMAYA」の基本情報

▼醸造所併設ビアスタンド(1F)

営業時間
  • 月~金曜日:16:00~22:00 (L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)
  • 土曜日:11:30~22:00 (L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)
  • 日・祝日:11:30~21:00 (L.O.20:00、ドリンクL.O.20:30)
定休日 年中無休
※営業時間・定休日は変更となる場合あり
予約・お問い合わせ 045‐641-9901 ※レストラン直通
公式サイト https://yokohamabeer.com/restaurant/

※2024年5月時点。最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。

▼レストラン(2F)

営業時間
  • 月・金曜日のみ:11:30~14:00 (L.O.13:30、ドリンクL.O.13:30)
  • 月~木曜日:17:00~22:00 (L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)
  • 金曜日:16:00~22:00 (L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)
  • 土曜日:11:30~22:00 (L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)
  • 日・祝日:11:30~21:00 (L.O.20:00、ドリンクL.O.20:30)
定休日 年末年始
予約・お問い合わせ 045‐641-9901 ※レストラン直通
公式サイト https://yokohamabeer.com/restaurant/

※2024年5月時点。最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。

仕事以外のコミュニティを求める男性必見!ビールを通した交流イベント

横浜ビールは”人と人を繋ぐビール”をコンセプトに、愛飲者同士の交流を深めるコミュニティ活動にも注力しています。

「同じ趣味を持つ人とつながりたい」「飲み仲間が欲しい」という男性へ、誰でも気軽に参加できる横浜ビールのイベントをお伝えします。

飲み仲間ができるかも!男性一人参加も多い「横浜ビールランニングクラブ(YBRC)」

横浜ビールランニングクラブ(YBRC)で走る参加者

▲走った後にはおいしいクラフトビールのご褒美が待っている

「横浜ビールランニングクラブ(YBRC)」は、横浜ビールが月に1回主催しているグループランニングを楽しむイベントです。スタッフや横浜ビールの愛飲者が毎回計40~50人ほど集まり、みなとみらいや中華街を観光しながら、5~6kmほどの距離を約1時間かけてゆっくりと走ります。

申込み不要で参加費無料という気軽さからイベント参加が初めての方でも挑戦しやすく、リピーターも多いとのこと。コミュニケーションを深めることが目的であるため、途中で休憩したり写真を撮ったりと自分のペースで走ることができますよ。

そして、このイベントはクラフトビールが1杯無料で飲める嬉しい特典付き。完走後に味わう一杯は最高でしょうね。

横浜ビールランニングクラブ(YBRC)で完走した後の乾杯の様子

▲走った後はみんなで乾杯!汗を流した後のクラフトビールは格別

YBRCには単独で申し込む参加者が多く、参加者同士が仲良くなって自然とコミュニティが広がっているそうです。仕事以外で人と出会う機会が少なくなってきている男性は、「横浜ビールランニングクラブ(YBRC)」を通して、新たなコミュニティを作ってみてはいかがでしょうか。

アクティブデートにも!ビール片手に横浜の醸造所を巡る「BEER BIKE」

横浜ビール主催のイベントビアバイク

▲ビールを飲みながら公道を走り街の景観を眺望。醸造所ではクラフトビールのテイスティングもあり

複数人でペダルを漕いで移動式のビアカウンターを走らせる「ビアバイク」。横浜ビールは「ビール文化発祥の街・横浜をもっと知ってほしい」という思いから、ビールを飲みながら横浜の街を巡るこのイベントをスタートしました。

イベントの内容は、横浜ビールの徒歩圏内にある3カ所の醸造所をビアバイクに乗って約2時間かけて巡るというもの。ビール片手に過ごすフランクな雰囲気に自然と会話が弾むため、ツアーが終了した頃には初対面の参加者同士がすっかり意気投合し、そのまま飲みに行く姿も多く見受けられるようです。

電子ピアノやバイオリンの演奏者も同席することがあり、生演奏とともにみなとみらいの美しいロケーションを見渡せるため、彼女とのいつもよりアクティブなデートとして参加するのもいいかもしれませんね。

ビール好き男性を魅了する「25thアニバーサリープロジェクト」

2024年で創業25周年を迎える横浜ビール。その節目に合わせ、1年間の「25thアニバーサリープロジェクト」が実施されています。

2024年2月には新シリーズ『Brewers One Series』をお披露目し、トロピカルなフレーバーと柑橘系の苦みが特徴のIPA『Laminar4 -West Coast IPA-』と、酸味と果実感を重視したサワーエール『酸実一体-Fruits Sour-』の2作を発表。また、イギリスのブルワリー「Brew by Numbers」とのコラボビール『No,伍』も発表するなど、新商品ラッシュが続きます。

今後もさまざまなプロジェクトが企画されていますので、ビール好きの男性はぜひチェックしてみてください。

横浜ビールの口コミ・評判

クラフトビールが好きでいろんなメーカーをテイスティングしていますが、横浜ビールはどのフレーバーも口当たり滑らかで飲みやすい!毎回新しいフレーバーや限定品をチェックしています。

横浜の特産品として取引先にプレゼントしました。パッケージがおしゃれでビジネスシーンのギフトにも喜ばれています。

作りたてのクラフトビールが味わえる贅沢なレストランに彼女も大満足。「UMAYA」の料理はどれもこだわりを感じられるものばかりですが、特に自分たちで潰して作るポテサラはおかわりするほどおいしかったです。

ラガービールは苦いイメージがあり苦手でしたが、横浜ビールは苦みの中に芳醇な風味が感じられておいしかった。のどごしが良くついつい飲み過ぎてしまいました。

口コミでは、横浜ビールがこだわる「飽きずに飲み続けられるビール」を実感している声が多く聞かれました。爽やかで口当たりが良いため、ビールの苦味が苦手な男性もおいしく飲めるとのこと。スタイリッシュなデザインに、取引先や上司への贈答用として選ぶ方も多い印象です。

横浜ビールの基本情報

運営会社 株式会社横浜ビール醸造所
所在地 〒231-0013
神奈川県横浜市中区住吉町6-68-1 横浜関内地所ビル
問い合わせ先 https://yokohamabeer.com/contact/
公式ページ https://yokohamabeer.com/
オンラインショップ https://www.yokohamabeer.shop/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。