withとペアーズどっちがいい?特徴・違い・実体験・利用者の口コミから向いている人を解説

ペアーズか、withか、どちらがいいかは人によります

同じアプリでも、「会員数」や「特徴的な機能」、「使っている人の年齢層・利用目的」などが違うからです。

この記事では、アプリの各種データ・利用者のレビュー、実際に使ってみた結果をもとに、ペアーズとwithのどちらに向いているかを紹介していきます。

ペアーズとwithを比較してわかった!向いている人の特徴

▼ペアーズとwithの比較表

with
with

ペアーズ
ペアーズ

利用目的 恋愛:82.9%
結婚:8.5%
友達作り:4.8%
遊び:3.8%
恋愛:72.6%
結婚:19.6%
友達作り:1%
遊び:6.8%
会員数 1000万人 2000万人
年齢層 20代:65.2%
30代:27.1%
40代:6.3%
50代:1.4%
20代:47.3%
30代:34.6%
40代:14%
50代:4.6%
男女比 男54%:女46% 男60%:女40%
価格 1ヶ月プラン:3600円/月 1ヶ月プラン:3700円/月
独自機能 心理テスト
性格・考え方など内面の相性が良い異性がわかる

「好みカード」
同じ趣味を持つ異性を探せる
トーク
5分間の音声トークができる

「マイタグ」
同じ趣味を持つ異性を探せる
ストア評価 ★4.2 ★4.2

ペアーズは40代以上の相手と出会いたい・地方済みの人におすすめ、withは20代・30代と出会いたい人におすすめです。

ペアーズは会員数が2000万人とwithよりも多く、利用者が少ない40代以上の異性とも出会いやすいです。

withは20代・30代の利用者が全体の90%以上、また独自の心理テストから内面的な相性が良い恋人と出会いやすいです。

上記の違いから、ペアーズとwithどちらがいいのか、それぞれに向いている人の特徴をまとめました。

withに向いている人
  • 結婚を急いでいない恋愛目的の人
  • 20代・30代と出会いたい
  • 内面重視で別れづらい恋人を作りたい人
  • 身バレしたくない
  • 無料いいね数(アプローチ数)が多いアプリを使いたい人
withのアプリアイコン

無料登録はこちら

4.2 ★★★★☆
アプリストア
ペアーズに向いている人
  • 1〜2年以内には結婚したい人
  • 40代以上と出会いたい
  • トークから仲良くなりたい人
  • 地方住みの人

>>ペアーズのアプリストアへ

目的:恋愛なら「with」

withは会員の80%以上が恋愛目的のため、「まず恋人がほしい人」や「結婚するなら2〜3年後くらいかな」という人が多いです。

withは結婚を急いでいない、まず恋愛からはじめたい人に向いています。

目的:結婚なら「ペアーズ」

ペアーズは恋愛目的の人が目立ちますが、結婚を意識している人も多いです。

アプリは20代の利用者が中心のため恋愛目的の割合が高くなりがちです。それを加味するとペアーズの婚活目的が20%は高めの数字と言えます。

結婚相手を探したい人はペアーズ向きです。

年齢:20代・30代との出会いなら「with」

withは20代・30代が特に出会いやすい年齢層です。

さらに男女別に分けてみたデータがこちら。

▼withの男女別の年齢層

20代 30代 40代 50代
男性会員 62.6% 28.4% 7.3% 1.7%
女性会員 68.1% 25.7% 5.1% 1.1%

withは男女で分けても20代・30代だけで全体の90%以上を占めます。一方で、40代以降は割合がガクッと減る=出会いづらい環境です。

20代・30代の恋人がほしい人はwithを使ってみてください。

年齢:40代以上との出会いなら「ペアーズ」

20代の割合が高いのですが、ペアーズは会員数2000万人と多く、アラフォー世代以降とも出会いやすいです。

ペアーズの年齢層をさらに男女別に見ると、次のようになります。

▼ペアーズの男女別の年齢層

20代 30代 40代 50代
男性会員 44% 34% 16% 6%
女性会員 50% 35% 11% 3%

ペアーズは男女ともに20代・30代が中心。ただ、withは40代10%未満、50代1%台。それと比べるとペアーズは40代10%〜、50代3%〜と割合が高いです。

▼3日以内にアプリを使った40代・50代女性の人数

40代 50代

ペアーズ
ペアーズ

6000人 2000人

with
with

2200人 500人

ペアーズは40代・50代どちらの年代も2000人以上と、withの3倍〜4倍ほど。40代以上の異性を探すなら迷わずペアーズです。

機能:内面の相性が良い長続きする恋人が欲しいなら「with」

離婚や恋人と別れる理由でよく聞くのが「性格・価値観の不一致」です。

そんな合わない相手を避けて、居心地が良い相手を探せるのがwithの「心理テスト」。心理学をベースに作られているため、信憑性はかなり高めです。

テストのテーマは「コミュニケーションの取り方」や「デートの仕方」など、10つ以上あります。

さまざまな面から相手の真の姿を知れる機能があるのはwithだけ。相性が良い別れづらい恋人が欲しいならwithを使ってみてください。

機能:トークから仲良くなりたいなら「ペアーズ」

ペアーズには「トークトゥデート」という機能で、5分間の通話ができる機能があります。

トーク後に良いなと思ったらアプローチすることも可能です。

メッセージより、トークの方が得意な人」や「話した時のフィーリングで相手と選びたい人」はペアーズに向いています。

会員層:可愛い系女子に出会うなら圧倒的に「with」

「可愛い系女子」と出会うなら圧倒的にwithの方が出会いやすいです。また、「withに登録している女性の方が可愛い」という口コミ・評判もいくつか見つけました↓

男性

withの方が可愛い女の子多い
ペアーズとwith両方使ってみて感じたこと...withの方が可愛い子断然多い気がする!

ペアーズはどちらかというと「清楚系・綺麗系」の女性に強いことが分かります(上記の図参照)。可愛い女性に出会いたいなら「with」、清楚系・綺麗系の女性に出会いたいなら「ペアーズ」に登録すると良いでしょう。

会員層:爽やか系男子に出会うなら「ペアーズ」

「爽やか系男子」と出会いたいならペアーズの方が出会いやすいことがわかっています。withでも5割以上が「爽やか系男子」という結果がでているので、もちろん、ペアーズに限らずwithでも「爽やか系男子」と出会うことは可能です。

ワイルド系・キュート系は、with、ペアーズ共に少ないという結果に。

因みに、皆さんが一番気になっているであろう「どっちの方がイケメンが多いの..?!」に関する口コミ・評判ではこんなものを見つけました↓

女性

●withの方が新しいイケメンをチェックしやすい
withもペアーズもイケメン度に関してはそこまで大差はないです。ただ、withの方が男性からいいねがつきやすかったり、登録日が新しい順で見られるので、新しく入会したイケメンや自分のタイプの男性を見つけやすい印象ですね。

アプリストアのレビューで選ぶ!ペアーズか、withか

ペアーズとwithのどちらがいいのか、第三者の声で比べていきます。

まずアプリストアのレビュー評価はどちらも同じでした↓

  • ペアーズ:★4.2(レビュー数:38万件)
  • with:★4.2(レビュー数:24万件)

それぞれの強みから、向いている人を紹介します。

会員数:地方住みならユーザー数が多い「ペアーズ」

男性

●地方住みの人にピッタリ◎
ペアーズは他のアプリよりも会員数が多いので、地方暮らしでも助かる!
以前、有名どころのアプリを入れてみたけど全然人がいなかったこともあったな〜。さすが大手!

ペアーズとwithの累計会員数の差がこちらです。

●ペアーズとwithの比較!累計会員数

  • ペアーズ:2000万人
  • with:1000万人
    ペアーズの会員数は、withの2倍

また、人口が特に少ないとされる鳥取県の会員数でも比べてみましょう。

●ペアーズとwithの比較!鳥取県の女性会員数
  • ペアーズ:1000人
  • with:540人
    ペアーズの利用者数は、withの2倍
    (*ログイン日3日以内、女性)

自分が住むエリアは人が少なそうだなと思う方は、ペアーズを使ってみてください。

身バレ:リスクを抑えるなら会員数が少ない方の「with」

女性

●ペアーズで知り合いに遭遇した....
友人がペアーズで結婚したこともあり、前々からアプリは気になっていました。
無料ということもあり、お試しで始めてみましたが、意外と知り合いが...。
私は地元に住んでいたので、学生時代の友人がチラホラと
身バレしたくない方は、あえて会員数が少ないアプリを選ぶのもアリかと思います。

ペアーズとwithの累計会員数を比べてみた差分がこちらです。

●ペアーズとwithの比較!累計会員数

  • ペアーズ:2000万人
  • with:1000万人
    withの会員数はペアーズの1/2

直近でアプリを使っている人の数も比べてみましょう。

●ペアーズとwithの比較!大阪在住の女性会員

  • ペアーズ:約26300人
  • with:約13500人
    withの利用者数はペアーズの1/2
    (*ログイン日3日以内、女性)

使っている人が少ないほど、身バレのリスクは減ります。それでも心配な人はwithのオプション機能を使って身バレ防止をすることもできます。

友人や会社の同僚にバレたくない人は、withを使ってみてください。

大学生:大学生と出会いたいなら20代が多い「with」

女性

●withの方が同い年(大学生)に出会いやすい
いまのところwithのが良いな。Pairsより。同い年に出会いやすい。まぁ大学生ならマッチングアプリ使わなくても沢山出会いあると思うけど

大学生におすすめなのはwithです。理由としては20代の多さ!まず以下の表をご覧ください↓

20代 30代 40代 50代
with 65.2% 27.1% 6.3% 1.4%
ペアーズ 47.3% 34.6% 14% 4.6%

withでは半数以上の登録者が20代であることがわかります。そのため、大学生におすすめできるのは圧倒的にwithです。もちろん、ペアーズにも20代の登録者は沢山いるので、withでないと大学生に出会えないというわけではありません。

withとペアーズでは出会える層が少し違うため、あなたの恋活のゴールを軸にアプリを選ぶのも良いかもしれませんね!

▼withとペアーズではこんな恋活ができます!

  • with:「内面を重視した、長続きする恋活」・・・独自の心理テストによって、価値観や性格など”内面の相性”で繋がることができる。そのため、真剣交際や長期恋愛へ発展しやすい
  • ペアーズ:「年上好き・自分の理想像を重視した恋活」・・・年収・恋愛観・身長など細かく指定して相手を検索できるため、理想の相手に出会いやすい。またwithに比べて会員の年齢層が高めなので、年上と付き合いたい人にはおすすめ

いいね数(アプローチ数):無料いいねが多いアプリなら「with」

男性

●アプローチ数が多くて、色んな人と出会えた
withは無料でいいねできる数が多かったです。
他のアプリは、すぐにいいねがゼロに。追加で課金するハメになりました。
そんな自分でも、withはいいねに追加することなく使えたので、たくさんの異性にアプローチしたいならwithかなと思います!

では、ペアーズとwithの無料いいね数を比較してみましょう。

ペアーズとwithの無料良いね数の違い(1日)
  • ペアーズの無料いいね(3人/日)
    →おすすめの人紹介:3人
  • withの無料いいね(16人/日)
    →おすすめの人紹介:6人
    →診断結果で相性が良い人:10人


結果:withの方が13人多い

1ヶ月で考えると、ペアーズよりwithの方が390人多く、無料でいいねを送れます。

アプローチ数が多いほど、マッチング数も増えて、たくさんの中から自分好みの相手を選ぶこともできるようになります。

また、無料いいねが多いほど、費用を抑えることにも繋がります。

アプローチ数が多いアプリを使いたい人は、withを選んでみてください。

実際に使い体験してわかった!ペアーズとwithどっちが出会いやすいか

今回は編集部のショーちゃんが使ってみた結果をお伝えします。

icon
編集部:ショーちゃん
・性別:男性
・年齢:アラサー
・居住地:都内

まず、結果を比較表にしてみました。

▼20代男性がwithとペアーズを使った結果

with
with

ペアーズ
ペアーズ

結果
マッチング数 114人 67人 withが、
37人多い
デートした人数 6人 3人 withが、
3人多い
課金額
(利用期間)
3,600円
(1ヶ月)
3,700円
(1ヶ月)
withが、
100円安い

withでは6人と会えて、ペアーズは3人。

icon
編集部:ショーちゃん
withの方がペアーズより出会いやすいという結果でした。

●withの方が出会いやすい理由は"アプローチ数"が多いから

withの方がデートできた人数が多い理由は、いいね数の多さだと感じています。

ペアーズとwithの無料良いね数の違い
  • ペアーズの無料いいね(3人/日)
    →おすすめの人紹介:3人
  • withの無料いいね(16人/日)
    →おすすめの人紹介:6人
    →診断結果で相性が良い人:10人

結果:withの方が13人多い

withは心理テストの結果で、相性ぴったりの人には無料いいねを送れるため、ペアーズ以外のアプリと比べてもアプローチが多いです。

icon
編集部:ショーちゃん
マッチング数が増えれば自分に興味を持ってくれる異性と出会いやすくなるため、必然的にデートできる女性の数も増えます。

●ペアーズがマッチングしづらい理由は、会員数=ライバルが多いから

ペアーズはライバルが多くて苦戦しました...。

  • ペアーズ:累計2000万人
  • with:累計1000万人
    →その差は"2倍"

    イメージ的には、ライバル(男性)も2倍になります。つまり、同姓である僕たちメンズのマッチング率は低下します。

    icon
    編集部:ショーちゃん
    送れるいいね数の差もありますが、ライバルに勝つための労力(写真・プロフィール作り)を考えると、ペアーズはコスパが良くなかったです。

    ●【意外と重要】withは心理テストのおかげで楽しくアプリを使えた!モチベが下がらない仕組みがある

    withは心理テストというエンタメ要素のおかげで、モチベ高くアプリを使えていました。

    テストのテーマも定期的に変わるため、飽きません。さらに、すでにトークしている人の新しい一面も見れるといった良さがあります。

    逆にペアーズは新しいもの(刺激)がなかった...。

    「いいね→マッチング→トーク→別の人にいいね...」

    上記のサイクルを繰り返すだけの作業チックな感じになり、少しずつモチベが下がっていました。

    icon
    編集部:ショーちゃん
    課金したので1ヶ月使いましたが、体感では3ヶ月(ワンシーズン)くらい触った感覚です...。

    ★【総評】文句なし!迷ったら「with」

    デートできた人数、アプリを続けるモチベーションなど、ペアーズよりwithの方があらゆる面で優れていました

    僕の実体験を踏まえて、ペアーズか、withか、どちらか迷ったらまず「with」を使ってみてほしいです。