彼女欲しい男性が出会える方法!社会人になって出会いがなくなった人でもできる彼女の作り方

「彼女が欲しい」と思ったものの、どこが出会いやすいのか、どんなことをやるべきなのかがわからずなかなか踏み出せない...。

そんなあなたのような社会人男性はとても多いです!

社会人になると、日々が会社と家の往復になって、異性との出会いと遠ざかってしまうこともありますよね。

一人暮らしだと、体調を崩した日には「誰か頼れる人が近くにいてくれたら...」なんて思うこともあるはず。

男性_編集部
サワベ(編集部)

この記事では、社会人2年目(23歳)で初彼女を作ったぼくが、彼女が欲しいと思っている男性へ、女性との出会い方・彼女の作り方を紹介します。

この記事でひとりぼっちを卒業しましょう!

彼女が欲しい人におすすめの出会い方

まずは彼女が欲しいと思っていても、そもそも女性との出会いがないと始まりませんよね。

そこでまずは、女性との「出会い」を増やしていくことに集中しましょう!

上から順に出会いを増やす簡単な方法をお伝えしていきます。

難易度1の簡単なものから順番に解説していきます!

すぐにでも彼女が欲しいなら「アプリ」

まず、すぐにでも彼女が欲しい人は「アプリ」がおすすめです。

アプリは使っている女性がほとんど「彼氏募集中」の人だからです!

男性_編集部 サワベ(編集部)

ぼくも23歳にして始めて彼女ができましたが、アプリで出会いました。

しかもアプリは、趣味や相性で繋がれる・将来も見据えて付き合える、など、用途と目的に合わせて使い分けられるのでおすすめ!

自分がどんな子と付き合いたいのか・どんな人と出会いたいのか、はっきり決まっている人は特徴から選んでみてください。

アプリ名 特徴 リンク

with
with

■性格・内面重視で出会いたい人に!
・20代の会員が約60%いる
・心理テスト・相性診断で楽しく続けられる
・内面重視で出会いたい人におすすめ

タップル
タップル

■すぐに会いたい人向け
・いいね送信可能数がアプリの中でも多いからマッチングしやすい
・「おでかけ機能」で、24時間以内にデート相手を探すことができる
・いろんな女性と出会いたい人におすすめ

Omiai
Omiai

■落ち着いた年上の彼女が欲しいなら
・20~30代が多く、恋愛から結婚を視野に入れている人が多い
・男女比が4:6と女性の方が多いから、男性でも出会いやすい

アプリは登録無料なので、登録してどんな人がいるのか検索もできます!

好みの人がいたら使ってみれば良いですし、そうじゃなければアインストールしちゃえば良いだけ。まずはお試しにやってみてはいかがでしょうか。

アプリがおすすめな人
  • いろんな女性と出会いたい人
  • どんな彼女が良いか(趣味が合う人・将来も考えられる人など)が決まっている人
  • 女性を紹介してくれるような友達や知り合いが周りに見当たらない人

信用できる彼女が欲しいなら「友達の紹介」

友達の紹介に頼ることで女性との出会いを広げることもできます。

信頼できる友達の紹介なら、自分のことをわかった上で相手を紹介してくれることや、相手の身元がわかっているなどの安心感もあります。

紹介してもらう友達も彼女が欲しいと思っているなら、お互いの仕事場や交友関係から紹介しあうとWin-Winです。

ただ、紹介によってトラブルがあった場合、友人にまで話が及び友人関係にも支障がでる可能性もあるため、紹介相手への態度や振る舞いは気をつけるのが吉です。

男性_編集部 サワベ(編集部)

ぼくは何度か紹介してもらいましたが、別れる際に友達からも止められたりと少し面倒な思いをしました。

細かい人間関係のトラブルは避けたいかも、という人は1人で進められるアプリが良いかもしれません。

1年以内に結婚を考えられる彼女が欲しいなら「結婚相談所」

アプリよりも結婚への真剣度の高い人が多いのが結婚相談所です。

婚活アドバイザーの手厚いサポートを受けることができ、さらに身分証明証や独身証明書が必要なため安全性が高く、遊び目的のような人がいないため、結婚をより真剣に考えている・半年〜1年で結婚したい人におすすめです。

コストが気になる方は、オンライン型の結婚相談所も検討してみましょう。オンラインであれば費用も安く抑えられ、月額1万円から利用できる相談所もあります。

結婚を前提とした彼女探しをしている人は結婚相談所も視野にいれてみましょう。

ゆっくりでも共通の趣味がある彼女がほしいなら「社会人サークル」や「習い事」

社会人サークルや習い事であれば、共通の趣味のコミュニティに人が集まるので趣味の合う彼女が見つかりやすいです。

また趣味を通じて語り合ったり教えあったりと対面のため、仲良くなりやすくなりやすいというメリットもあります。趣味を楽しんでいたら気が合う彼女ができる、というのは一挙両得ですね。

ただし、出会いに夢中になってサークル・コミュニティの輪を乱さないように注意しましょう。

社会人サークルや習い事は、本来、趣味を楽しむこと・知識や技術を身につけることが目的なので、そもそも彼女を見つける難易度は高く、そのコミュニティの趣味・習い事を楽しみに来ている人に嫌がられる可能性があります

あくまで趣味を楽しむことを目的に参加し「彼女がみつかったらラッキー」くらいの参加がおすすめです。

一緒に盛り上がれる彼女が欲しいなら「飲み会」

飲み会や合コンなども彼女が欲しい人は積極的に参加したいイベントですよね。

ただ飲み会が苦手な人・そもそもお酒が苦手な人には不向き。しかもコミュニケーション能力が高くないと、なかなか1回限りの飲みの場で仲良くなるのは難しいです!なので、難易度は一番高くしています。

男性_編集部 サワベ(編集部)

また、せっかく参加したのに、「そんなに気になる女の子がいなかった...」なんて残念なことも(僕の実体験です笑)。

しかも会費は5,000円程度かかるし、女性に奢る場合も結構多い!(小さい男でごめんなさい)

飲み会は楽しいのは間違いないですが、彼女を見つける!ということにおいてはコスパ的には最低かもしれません。

【女性編集者にも聞いた】彼女が欲しい男性がやるべきこと!外見と内面を磨こう

「彼女が欲しい」と思ってもなかなかできないのは、主に出会いの数が少ないことが考えられます。

しかし出会いが増えたとしても、いざ「この子と仲良くなりたい!いや付き合いたい!」と思ったときに自分の魅力が伝わらないと、お付き合いまで進むのは難しいです。

出会いと並行して自分を磨きをしておくと吉です。まずは「外見磨き」からはじめ、余裕ができたら「内面磨き」に取り組んでみましょう!

男性_編集部 サワベ(編集部)

ここからはイイ女代表のカミキさんに「彼女が欲しい男性がやるべきこと」を聞いていきたいと思います!よろしくお願いします!

女性_編集部 カミキ(編集部)

やめてください笑

でも可能な限り、そしてお節介にならない程度のアドバイスをさせていただきたいと思います!
よろしくお願いします。

男性_編集部 サワベ(編集部)

ちなみに僕も今、彼女がいないので参考にさせてもらいます!

彼女が欲しい男性は【外見】を整えるべき!

自分磨きをする際は、まずは外見を磨くのがおすすめです。

男性_編集部 サワベ(編集部)

外見ですか〜。結局、女性はイケメンしか好きにならないということですか?!

企画倒れですね〜。

女性_編集部 カミキ(編集部)

まあまあ、最後まで聞いてください。笑

「メラビアンの法則」という人が情報を判断する際に言語、聴覚、視覚のどれを重視するかを調べた実験があります。

この実験で、見た目が55%、声の大きさやトーンが38%、話の内容が7%と、見た目から受け取る情報が大半を占めているという結果がわかりました。

そのため、第一印象としてまず見た目を整えると効果的。外見は女性の好感度を大きく左右する要素です。

「外見より中身が大事じゃない?」と思いがちですが、まずは外見をクリアしないと内面までみてもらえないため、改善する努力をすることが彼女作りの第一歩です。

男性_編集部 サワベ(編集部)

つまり何事も見た目から入らないと、てことですか?

女性_編集部 カミキ(編集部)

うーん。最低限の見た目を整えよう、ということですね。

例えば、今サワベさんに好きな女性とデートに行くとして、その人がダルダルのスウェットで寝癖がついたまま、もちろんすっぴんで現れたどう思いますか?

男性_編集部 サワベ(編集部)

寝坊したのに急いで来てくれたの!?と好感度爆上がりですね...と思いたいところですが、正直イヤですね

なるほど、つまり男性も同じということですね。

女性_編集部 カミキ(編集部)

はい!

変な話なんですが、男性はお化粧で顔を盛れない分、外見に気をつけるのは大変な部分も多いと思うんですが、ぜひ清潔感だけは意識して欲しいんです!

男性_編集部 サワベ(編集部)

その「清潔感」ってよく言われるんですけど、具体的にどんなことを意識したら良いんでしょうか?

女性_編集部 カミキ(編集部)

順番に説明していきますね!

清潔感とは?「ザ・シンプル」を意識した服装を心がける

外見を気を付けるにあたって、服は清潔感を意識し、シンプルを目指しましょう。

「清潔感」と言われても理解しにくいかもしれませんが、シンプルな服装をしておけば間違いありません。細身のパンツと白いシャツ、ジャケットという組み合わせが万能です。

ジャケットとパンツは黒かネイビーでまとめると、季節問わず着られるのでかなりおすすめです。

サイズは身体に合うものを選びましょう。実際に着てどうみえるのかは鏡の前で合わせないとわからないかもしれません。おしゃれに自信がない人は、なるべくネットで買うのではなく、実店舗で試着してチェックしてみるのが良いですよ。

ファッション誌のようなおしゃれ感を出すためには、知識や経験が必要です。素人が即席で身に着けるのは難しいので、まずはシンプルな服装を目指すだけで十分です。

シワがつかないように管理し、ついてしまったらしっかり伸ばして「清潔感」を維持しましょう。

男性_編集部 サワベ(編集部)

僕のこんな格好でどうでしょうか!

編集部の清潔感のある格好の例

女性_編集部 カミキ(編集部)

良いと思います!

シャツはシワに気をつければ自然と清潔感が出ます!

柄物は着こなしが難しいので、サワベさんのような無地のシャツがおすすめですよ!

靴や鞄などにも気を遣う

服装を一式準備したら靴や鞄も揃えましょう。

女性編集部カミキ カミキ(編集部)

女性は男性の細かい部分も見ています

靴が汚かったり鞄の持ち手が擦り切れていたりすると、清潔感がないと思われてしまうかも!

くつ、靴下、財布、カバンなどの小物にも気を使って、メンテナンスもして綺麗にしておきましょう。

また足先、手先が見られるということは爪も見られている可能性が高いです。長くなっていたら短く整えておきましょう。

口臭や体臭に気をつける

女性は臭いに敏感な人も多いです。体臭や口臭は自分では気が付きにくいので、常に気を遣いましょう。

口臭対策として、女性と会う日はガムやブレスケア用品を持っておくと安心です。

また歯磨きはもちろん、歯間ブラシで食べかすを落としたり、歯医者さんでの定期健診でクリーニングしてもらいしつこい汚れを落としたりと日ごろのケアも大事です。

体臭は普段の生活習慣を見直すところからはじめましょう。

タバコを減らす、お酒の頻度を抑える、バランス良い食事や、代謝をよくするために少し運動をするなど、改善できる部分を探して試してみましょう。

臭いを消すためにデオドラントスプレーや香水をつけている人もいますが、男性が良い匂いと思っていても女性からすると嫌な臭いだと感じていることもあります。使用の際はつけすぎに注意しましょう。

髪型や眉毛を整える

髪型、眉毛を整えると一気に好印象になる可能性があります。外見や清潔感にわかりやすく影響します。

ぼさぼさの髪や眉毛だとどんなに服装に気をつけていても清潔感は出にくいです。髪型は短くさっぱりしておき、眉毛もカットするなどして長さや形を整えると良いです。

眉毛のカットはYoutubeなどで解説動画を探すこともできますが、わからない人は美容室にいって眉毛のカットもお願いしましょう。

美容室で一度カットしてもらえば、やり方がわかるようになるので、眉用のハサミなどを買い揃えれば今後は自分でできるようになるためおすすめです。

肌や美容に力を入れる

男性でも肌に気を使いましょう。肌がボロボロより綺麗な方が好印象です。 

大切なのはまず生活習慣を整えること。バランス良い食事や十分な睡眠で体調を整えましょう。

金銭的に余裕があれば美容にも力を入れましょう。最近はメンズ美容も一般化してきており、化粧水や乳液、日焼け止めを使う男性も増えています。シェービングする男性の中には乾燥肌の人も少なくないので、乾燥肌用の化粧水や乳液を使うことで肌質が改善する可能性があります。

体毛が気になる人の中には脱毛をして清潔感をアップする人もいますが、脱毛は少し値が張るので余裕があったら検討しましょう。

猫背など姿勢に気をつける

見た目という意味では、姿勢も大事です。猫背だと自信のない男性に見えたり、腰が前に出るので体型が悪く見えてしまいます。

歩き方や座り方など、普段の生活から気を付けることが大事です。

ストレッチやヨガも猫背の改善に効果的ですが、骨盤の歪みが原因の場合もあるので、整体院などで正しい処置やアドバイスを受けましょう。

毎日の地道な改善が必要になりますが、背筋が伸びていたり、きびきび歩いたりする男性は魅力的です。

彼女が欲しい男性が【内面】で磨くべきこと

次は「内面」で気を付けるべきことを紹介します。

女性_編集部 カミキ(編集部)

ちょっとした心がけでできることもあるので、できるとことから始めてみましょう。

自分の全てを受け入れ、前向きな姿勢をとる

なかなか彼女ができない人には「自信のなさ」という共通点があります。顔、体型、身長などに自信がない人は、それを理由に女性にアプローチすることを避けてしまいがちです。

しかし世間を見渡せば、決してハイスペックな人にだけ彼女がいるわけではないとわかります。

これは女性が外見だけでなく内面を見ている証拠とも言えます。卑屈にならず、前向きに相手と向き合う姿勢を見せることが大切です。

仕事でうまくいった、勉強でよい成績を残せた、などちょっとした成功体験を積んでいくことで自信をつけるのもいいでしょう。

仕事や勉強以外にも、先ほど紹介した外見を磨くことでも自分にとって自信につながります。

女性と付き合った経験が少なく、自信がない人はこれをチャンスに経験を積んでいきましょう。どんな対応をすべきか、なにがダメなのかなど女性への振る舞いを実践を通じて学ぶと効果的です。

マメな男になる

マメな男性はモテるといわれています。小まめな連絡だけでなく、相手のちょっとした変化に気がつくなど余裕のある態度は大人の男性を思わせます。

「女性にはこうしたらモテる」のようなセオリーが巷にはあふれかえっていますが、女性にはこうしなければいけないという価値観は一度捨ててみましょう。

相手を観察しながらその人がどんな人で、どんなことに喜ぶのか想像してみたり、「自分なら今どうされたら喜ぶだろう」ということを考えたりしながら女性に接することがおすすめ。

マメな男性のポイントはさりげなさです。小まめとはいえ、しつこく連絡したら嫌がられます。相手を気遣いながら無理のないペースで接しましょう。

自分の気持ちを押し付けるのではなく、相手の立場になって考える。難しいことですが、これができるとマメな男に近づきます。

女性の話題に興味を持ち、共感する

女性は男性よりおしゃべりが好きな傾向があり、聞き上手な男性はモテます。ここでいう聞き上手というのは「気持ちに共感してくれる人」のことをいいます。

男性はその話に対してアドバイスや解決方法を伝えがちですが、女性が求めているのは解決より共感です。

話の途中で「じゃあこうすれば良いのでは?」という提案をしたとしても、女性からしたら「そういうことじゃない」と反発されてしまうかも。

聞き上手な男性というのは適度に相槌を打ち、話の終わりに共感する言葉を残せる人のことです。

【良い例】

女性「最近、こういうことがあって〜〜。本当に大変だった!」
男性「うわ、それは大変だったね。めっちゃ頑張ったじゃん」

男性は本能的に解決案・アドバイスを言おうとする傾向にあります。

ただいったんその解決案を飲み込んで、女性の言葉に共感するような言葉を選び、なるべく自然に話すようにしましょう。

彼女が欲しいなら知っておきたい、女性の脈ありサイン・脈なしサイン

女性編集部カミキ カミキ(編集部)

ここからは私が思う、彼女が欲しいなら知っておいて欲しい、女性の脈ありサイン・脈なしサインを紹介します!

2人で飲みに行ける・2件目にいける

女性の脈ありサインの一つは、2人で飲みに行けるということ。

気になる男性とは開放的な気分で話をしてみたいと考える女性も多いです。

ただそれだけでなく、2件目に誘った時にOKを出してくれるかも大事!

あなたとの時間が楽しかった、もうすこし一緒にいたいという女性の心理があります。

ただ、そもそも元から2人で飲みに行ける間柄である場合は、「ただの友達」認定されている可能性もあります。

そういう時は「恋愛」の話をしてみるのが良いですよ。恋愛話になると自然と彼氏彼女の話題も振りやすいですし、自然と恋愛を意識する雰囲気になるはず。

そういった恋愛話が出ても2件目に行けなかったり、恋愛話が盛り上がらない場合は脈なしかもしれません。

プライベートな内容を話す

プライベートな話をよくしてくれる女性や、LINEなどでメッセージだけでなく関係ない写真を送ってきてくれる人も脈ありかも。

こうした女性は、自分自身を知って欲しいと自己開示をしてくれています。

つまりそれだけ心を開いているということ。

ただ注意点は、自慢話はただ承認欲求を満たしたいだけかもしれないということです。

  • 自分の話を聞いてくれるから
  • ちょっとした時間の合間に...
  • かまってくれるから

こんなふうに自分に興味を持ってくれるから、「キープ」しておきたい。とよこしまな気持ちを持っている女性もいます。

見極めるには自分の話も親身に聞いてくれるかが鍵です。

脈あり女性は、男性のちょっとした話を覚えていてくれるもの。興味のある話をして話題を広げようとします。

自分の話にもしっかりと耳を傾けてくれているか、会話のキャッチボールが成り立っているか、メッセージや会話で確かめてみましょう。

とにかく褒めてくれる

「かっこいい」「すごいね」「頼りになる」「一緒にいて楽しい」

こうした褒め言葉は、基本的に好印象を与えたい相手に使います。これも脈ありサインで、むしろ好意に気づいてあなたの告白を待っているくらいです。

ただ、これは対等の関係である場合に限ります。

仕事上の付き合い・自分が年上なのに上記のように褒められても、これはただの世間話やお世辞かもしれません。

年下の人や後輩・部下の褒め言葉は、あまり真に受けないようにしたいですね。